平泉学研究会・フォーラム


2021年2月
第1回平泉学研究会・平泉学フォーラムが開催されました。
 
 今年度から岩手大学と岩手県との平泉学の共同研究の取組がスタートしています。その成果を交流する場として平泉学研究会、平泉学フォーラムを開催しました。
 2月6日(土) 第1回平泉学研究会 (岩手大学理工学部「銀河ホール」)
 2月7日(日) 第1回平泉学フォーラム (一関文化センター「中ホール」)

 一般参加者を対象とした平泉学フォーラムでは、新型コロナウイルス感染拡大防止として以下の試みを実施しています。
 ●入場制限による感染対策を実施。ホール外での
 ●講演者・報告者のリモート映像による発表。
 ●映像(YouTube)による同時配信の実施。
 ●スマホ等WEBによるアンケートの実施。

 一部、リモート映像が中断するなどご迷惑をおかけしましたが、来場されたみなさまは終日熱心に耳を傾けて下さっていました。ありがとうございました。
  ******************************************************************************************


  平泉学研究会開会行事 水野副学長の挨拶     岡田健氏によるZOOMによる研究報告         閉会行事 佐藤嘉広世界遺産課長の挨拶


  平泉学フォーラムでの座席配置    平泉学フォーラムの会場のようす

  ******************************************************************************************
     「平泉学フォーラム」を伝える新聞記事(岩手日日新聞 2月8日(月)掲載)
            

  ******************************************************************************************
            「平泉学フォーラム」アンケート結果

   アンケート結果をご覧になりたい方は、下線部分をクリックしてください。

  ******************************************************************************************

           令和2年度「第1回平泉学研究会」実施報告

1 日時   令和3年2月6日(土)13001600
2 場所   岩手大学理工学部「銀河ホール」

3 主催   岩手大学、岩手大学平泉文化研究センター、岩手県、岩手県教育委員会
4 対象   研究者(事前に県内文化財関係担当者、世界遺産シンポジウム参加者、
       平泉関係研究者、過去3年間の共同研究者等を中心に招待メールを送信)

5 実施方法 岩手大学をハブとしたZOOMによりリモートで実施
6 日程・発表者

       研究報告①『柳之御所遺跡の考古学的研究』

                  岩手県教育委員会((公財)岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター
              主任文化財
専門員)北村忠昭
          研究報告②『平泉の彼岸と此岸の造形に係る比較研究』
                  国立文化財機構文化財防災センター 東京分室長  岡田 健
          研究報告③『出土文字資料の集成的研究』
                  国立歴史民俗博物館 研究部教授  三上 喜孝
          研究報告④『東・北アジアにおける政治拠点と平泉の比較研究』
                  岩手大学平泉文化研究センター 教授  劉 海宇
                           教育学部教授  菅野 文夫

                  岩手県文化スポーツ部文化振興課 世界遺産担当 主任主査  戸根 貴之
7 参加者数  40

  ******************************************************************************************

令和2年度「第1回平泉学フォーラム」実施報告

1 日時   令和3年2月7日(日)10301615
2 場所   一関文化センター(中ホール)
3 主催・共催・後援
          主催  岩手県、岩手県教育委員会、岩手大学、岩手大学平泉文化研究センター
           「世界遺産平泉」保存活用推進実行委員会
       共催  一関市教育委員会、奥州市教育委員会、平泉町教育委員会
4 対象   一般
5 実施方法 コロナウイルスの感染拡大により、会場は収容定員の半数(200名)に制限し、   
       YouTube
による動画の同時配信も合わせて実施。

6 日程
         基調講演『「平泉」の世界遺産の価値を読み解く』本中 眞(前内閣官房内閣参事官)
       研究報告①『柳之御所遺跡の考古学的研究』
        岩手県教育委員会((公財)岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター)北村 忠昭
       研究報告②『平泉の彼岸と此岸の造形に係る比較研究』
            国立文化財機構文化財防災センター 東京分室長 岡田 健
       研究報告③『出土文字資料の集成的研究』
        国立歴史民俗博物館 研究部教授 三上 喜孝
       研究報告④『東・北アジアにおける政治拠点と平泉の比較研究』
        岩手大学平泉文化研究センター教授 劉 海宇、岩手県教育委員会 大道 篤史
       研究報告⑤『日本の学校教育における世界遺産の教材化についての研究』
        岩手大学教育学部 教授 今野 日出晴
       調査報告①『骨寺村荘園遺跡の調査』一関市教育委員会 菅原 孝明
       調査報告②『長者ケ原廃寺跡の調査』奥州市教育委員会 中島 康佑
       調査報告③『志羅山遺跡の調査』平泉町教育委員会 鈴木 博之
7 入場者  会場200名、動画視聴300

  ******************************************************************************************




2021年1月29日(金)
第1回平泉学研究会・平泉学フォーラムの開催のお知らせ

<御連絡> 第1回平泉学フォーラムは感染対策を行ったうえ、予定通り一般公開で行うことといたします。
 
 新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、首都圏をはじめとする全国各地で緊急事態宣言が発令され、移動が制限されている状況の1月です。今年度新たな形で岩手大学と県が共同で研究を進めてきたわけですが、その成果について研究者間で意見交流する場として
 2月6日(土) 13:00~16:00
 第1回平泉学研究会 (岩手大学理工学部「銀河ホール」)


 さらに一般の方を対象に
 2月7日(日) 10:30~16:15
 第1回平泉学フォーラム (一関文化センター「中ホール」)

で開催いたします。  ※詳細については下記をご覧ください。

 なお今回のフォーラムについては新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、感染対策(入場は200名まで、検温(37.5℃以上は不可)、マスク着用、アルコール消毒、連絡先の記入)を実施したうえで開催します。

当日は、映像(YouTube)でも同時配信します。

※開催方法変更の告知及び映像配信については、ポスター、リーフレット、新聞広告に掲載する右記QRコードで確認できます。)    
                             






2020年12月28日(月)
第1回平泉学研究会・平泉学フォーラムの開催について
 昨年度、第20回の記念大会を迎えた平泉文化フォーラムでしたが、今年度は新たに装いを変えて、
第1回平泉学研究会・平泉学フォーラム」として再スタートを切ることとなりました。

あくる年の 2月6日(土)に「研究者対象」の『平泉学研究会』、
     
2月7日(日)に「一般対象」の『平泉学フォーラム


を実施する予定です。詳細については後ほど御連絡いたします。



過去のフォーラムは、こちら