ただ今、調査中!!


過去の調査のページへ
2017年9月22日(金)
 柳之御所資料館に社会科見学に来ました!! 
 9月6日(水)に奥州市立佐倉河小学校、9月22日(金)に金ケ崎町立金ケ崎小学校の子どもたちが、柳之御所遺跡に隣接している柳之御所資料館に来てくれました。
 展示品やCG映像を、真剣に、そして楽しそうに見学していました。時間の関係で史跡公園まで足をのばすことはできませんでしたが、機会があればまた来跡の上、復元整備された堀跡や園池なども見てください。
  
 CG映像上映中(佐倉河小学校)               説明後の自由見学(金ケ崎小学校)   

2017年9月6日(水)
 柳之御所遺跡の現地説明会を行いました 
 9月2日土曜日に、平成29年度の現地説明会が行われました。
 小雨交じりの天気の中、町内外から約100名ほどの方々に参加していただきました。ありがとうございました。

  
 柳之御所遺跡を巡る二重の堀について説明        土橋と推定される遺構と道跡との関係を説明

詳しい資料は、こちらをごらんください→現地説明会資料
   
 高館跡は、当日の足場が悪く現地説明会を開催しませんでした。
 調査成果としては、柳之御所遺跡側(上右写真奥のブルーシート部分)で、12世紀と考えられる平場の跡を確認しました。 また、反対斜面側では12世紀以降と推測される柱穴や整地層を確認しました。                        
 これらのことから、 高館跡で12世紀の遺構が確認できる大凡の範囲をつかむことができたと考えています。

 9月中旬より、遺跡保護のために発掘調査区は埋め戻し作業に入ります。

2017年8月29日(火)
 平成29年度柳之御所遺跡及び高館跡の発掘調査現地説明会を開催します !! 
 日   時:平成29年9月2日(土)   11:00〜12:00
 場   所:柳之御所遺跡 史跡公園   ※駐車場は、柳之御所遺跡資料館の駐車場をご利用ください。
 調査成果:柳之御所遺跡の調査では、遺跡の中心部を巡る堀を渡るための土橋が確認されました。
        この土橋は、柳之御所遺跡と中尊寺との関係を考古学的に証明するものと考えています。
 そ の 他:多少の雨でも開催します。雨具や長靴などの対策をお願いいたします。

 現地説明会に先立ち、8月29日(火)に今年度の発掘調査成果を報道関係機関に公開しました。
 小雨にもかかわらず多くの報道機関の方に来ていただきました。
   
                  専門員が調査内容を具体的に説明しています。           

9月2日(土)の現地説明会は、発掘調査や歴史の専門の方でなくても大丈夫です。
どうぞ気楽に柳之御所遺跡にお越しください。                        
   


2017年6月30日(金)
 発掘調査継続中 !! 
 柳之御所遺跡の堀跡調査と高館跡南側斜面地での発掘調査は現在も継続しています。
 堀跡調査では、堀の様相だけでなく、堀を挟んだ地区を接続する施設(橋とか)がないかなどの調査を行っています、また、高館側では、土地の使われ方などを確認する調査を堀調査と並行して進めています。
   
  高館跡斜面地の調査風景です                土器(かわらけ)なども確認できます。
(奥には北上川・束稲山も見えます)                                   

   
今月は、葛巻町や平泉町内の小学生が資料館や遺跡見学に来てくれました。
(写真は平泉小学校3年生の子どもたち)    

2017年6月9日(金)
 高館跡第10次発掘調査も始まりました !! 
 柳之御所遺跡の堀跡の確認調査と並行して、柳之御所遺跡に隣接する高館跡南側斜面地での発掘調査も開始しました。
 遺跡の内容や遺構の広がりを確認するために、平成26年度から継続している調査です。これまでの調査で確認されている大規模な堀跡の追跡を中心に発掘調査を進めていきます。
   
   
  奥に見えるブルーシート付近を調査しています。          土器(かわらけ)も確認できます。    
(柳之御所遺跡中心部から高館跡を撮影)                                 

《史跡公園内の整備もおこなっています。》
     
草を刈って、快適に見学できる環境を作っています。     ダイナミックな堀跡もはっきりとわかります。 

2017年5月22日(月)
 柳之御所遺跡第79次調査 進行中です!! 
 現在、柳之御所遺跡の中心域を囲んでいる二重の堀跡の調査を進めています(下図のピンクの範囲です)。
 史跡公園(北西側)からも調査の様子を見ることができます。
   平成29年(第79次発掘調査範囲) 
   


     
   近年まで田んぼとして使用されていた場所です。専門員の指導のもと、田んぼの土を丁寧に除去しながら
   堀の輪郭をあらわしていきます。

2017年4月28日(金)
近隣小学校の子供たちが資料館に学習見学に来ました。 

 4月28日(金)に一関市立舞川小学校の子供たちが柳之御所資料館に学習見学に来ました。
 専門員の説明を聞いた後、現代の道具との違いなどをプリントに記入しながら展示を見てまわりました。

      
  説明や映像の内容をメモしていました。          真剣に専門員の説明を聞いています。フムフム
    
隣接する「道の駅」平泉もオープンしました。
柳之御所資料館及び柳之御所史跡公園にも是非足をのばしてください。


平成29年度の発掘調査(第79次調査)が始まりました!  

 平成29年度の発掘調査(第79次調査)が始まりました。
 
 今年度は柳之御所遺跡北東側(高館側)の堀跡周辺と昨年度に続き高館跡の調査を行います。
 発掘調査の様子については、随時お知らせしていきます。


平泉の緑も鮮やかになってきました。
    

調査の様子

表土を除去した後、人力での荒堀中。

2016年9月26日(月)
 柳之御所遺跡と高館跡の現地説明会を行いました 
 9月24日土曜日に、平成28年度の現地説明会が行われました。
 町内外から多くの方々に参加していただきました。

まずは、 柳之御所遺跡第78次調査。
   外側の堀跡から内側の堀跡の位置を確認しました。
   2条の堀跡周辺において、大規模な整地地業を確認しました。
   内側の堀跡を埋めるような地業の痕跡を確認しました。

かわらけもたくさん出土しています。

高館跡です。
大規模な堀跡が確認されました。  
詳しい資料は、こちらをごらんください→現地説明会資料

今後、調査成果を検討し、遺跡の全体像を明らかにしていきたいと考えています。