ただ今、調査中!!


過去の調査のページへ

2014年10月10日(金)
 柳之御所遺跡と高館跡の現地説明会を行いました 
 10月4日土曜日に、今年度の現地説明会が行われました。
 町内外から約150名の方々に参加していただきました。
 今年は柳之御所遺跡と高館跡の2カ所の説明会となりました。
 まず柳之御所遺跡では、2条の堀跡の他、12世紀以降の柱穴6個、溝跡1本が確認されました。

外側の堀跡の様子です。
幅は約7mほど、深さは深いところで約2mほどになります。
多くの土器類が出土し、最下層からは木槌も出土しました。


内側の堀跡の様子です。
幅は約12m〜13mほどの大規模なものになります。


高館跡です。
大規模な堀跡が確認されました。
藤原氏が活躍した12世紀頃のかわらけや陶器が出土しています。
  

今回の調査区の標高の最も高い部分では柱穴が確認されました。
建物跡の可能性もあります。
今後の調査に期待が持たれます。

高館から柳之御所を望む眺望です。
義経もここから柳之御所を眺めたのでしょうか。


当日は多くのご参加をありがとうございました。
調査は10月末まで行う予定です。
柳之御所遺跡の全貌が明らかになる日も近い!?


2014年8月21日(木)
  学習院大学の学生さんがやってきました!! 

今年も学習院大学から、発掘研修のために学生さんたちがやってきました。
8月18日から約2週間、現場での発掘、屋内での土器洗いなど多くの実習を行います。
お盆明けの平泉は、お盆の涼しさもどこに、暑さがぶり返しています。
暑さに負けずに、学生さんたち、頑張れ!!



8月からは高館の調査も始まります。



草刈りも発掘の大事な準備作業です。



刈った草を集めて・・・



シートにのせて運びます。枯れ草とはいえ、結構重いんです。



雨が降れば土器洗いも行います。ベテラン作業員さんたちに手取り足取り教わります。



自己紹介もかねて作業をしますが、だんだん集中して黙々と。

これから本格的に発掘作業が始まります。
有意義な研修にしてください!!
         


2014年8月10日(月)
 柳之御所史跡公園にいらしてください!! 
  夏休みも中盤を迎えました。

  柳之御所史跡公園は順調に整備が進み、皆様のご来園をお待ちしております。

  ここで、史跡公園の施設をいくつか紹介いたします。
      

              公園北側に整備した、汚物廃棄穴群です。
              これらは、ふん尿を捨てたと考えられ、中心建物付近の汚物廃棄穴から汚物を運び、
              最終的に廃棄した穴と想定されます。


                   

                井戸跡です。復元した井戸は方形で、井戸側があったことを想定しています。
                井戸からは発掘で多量の遺物が出土しています。


               

                      公園の西側には園地が整備されています。
                      池の中心には中島があります。


                 

                       柳之御所遺跡から、高館・中尊寺方向を眺めます。
            
           暑い時期ですが、気持ちの良い風が吹き抜ける柳之御所遺跡へ、どうぞいらしてください!


2014年5月30日(金)
平成26年度の発掘調査(第76次調査)が始まりました!  

 平成26年度の発掘調査(第76次調査)が5月中旬からはじまりました。
 
 今年度は県道の南側、堀内部地区南西端部を対象に、外側の堀跡及びさらにその外縁部分の発掘調査を実施します。この区域を調査することで、@堀の構造や、A遺跡と猫間が淵との関係を明らかにすること、の2点を目的としています。

 今年の調査ではどのようなことが明らかになるでしょうか。
 調査は10月まで行う予定です。秋頃には現地説明会を行う予定ですので、ぜひ遺跡までいらしてください。


今年度の調査区


発掘作業中の様子。表土を除去し、遺構の検出を行おうとしているところです。


同じく、表土の除去の様子。