平泉の文化遺産を世界遺産へ
新着情報世界遺産の概要平泉の歴史・概要平泉の文化遺産の紹介動画ライブラリー観光・特産品紹介
平泉の文化遺産の紹介
 平泉の文化遺産と平泉周辺マップ>各史跡・名勝紹介
柳之御所遺跡
柳之御所遺跡写真 柳之御所・平泉遺跡群[史跡](平泉町)

 高館の麓から北上川沿いに段丘が広がるこの一帯は、古来、藤原清衡・基衡の屋敷跡と伝えられてきました。昭和63年(1988)にスタートした一関遊水地事業に伴う緊急発掘調査は6年間に及び、その後行われた調査と併せ、遺跡の内容が次第に明らかにされてきています。12世紀の平泉遺跡群の中でもずば抜けた質と量の遺構、遺物の発見が相次いだことから、遺跡は、『吾妻鏡』に見える平泉館(政庁)に該当する可能性が高いと評価されています。
 緊急調査が進むにつれて遺跡の保存を求める声が大きくなり国土交通省の大英断を受け、平成9年に国史跡に指定され、保存されることになりました。現在は、学術調査を基にした復元整備が行われ、史跡公園として公開されています。
 
平泉の文化遺産マップ
平成23年度の登録を目指している資産
柳之御所遺跡インフォメーション
中尊寺毛越寺|柳之御所遺跡|無量光院跡金鶏山観自在王院跡
白鳥舘遺跡長者ヶ原廃寺跡達谷窟骨寺村荘園遺跡

 岩手県文化スポーツ部文化振興課
 〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10番1号 電話番号:019-629-6488
平泉−浄土思想を基調とする文化的景観− アクセス モバイル版 サイトマップ リンク集 お問い合わせ 長者ヶ原廃寺跡 白鳥舘遺跡 金鶏山 毛越寺 観自在王院跡 達谷窟 無量光院跡 中尊寺 骨寺村荘園遺跡