Academy Topics

県下警察駅伝競走大会出場


  9月21日、初任科生は、岩手県内最高峰の岩手山(標高2,038m)において、山岳遭難救助訓練を実施し、岩手県を守る警察官として、山の現場を肌で感じました。
 当日は晴天に恵まれ、紅葉と背後に広がる絶景を味わいながらも、山岳遭難救助活動に必要な技術と迅速な部隊活動要領の習得と、体力・気力の錬成を図りました。
 訓練を終えた学生達は、「山が危険な現場であることを痛感しました。だからこそ、新人で体力のある私達が、どんな現場でも山岳救助に出動します。」と決意を新たにしました。
 
登山開始
険しい山道を進みます
安全を祈って、山の神様にお祈り 
見事な快晴!
紅葉も広がり、まさに登山日和
 岩場に苦戦
「歩きづらいなぁ・・・」
 ホッと一息
栄養補給もしっかりと
ピース☆☆
まだまだ元気です
見よ!この絶景!!  8合目の山小屋で昼食
もうすぐ頂上だ!
まだ登るの?
だんだん口数が減ってくる・・・
 
「登って感動」
感動まで、もう少し
 
いよいよ山頂間近
天候が一転、身を切る寒風が吹きすさぶ
 
ついに山頂!!
この達成感は他では味わえない
雲の切れ間から下界を眺める
「こんなに登ったんだな~」
 
安全に配慮して、さあ下山
しかし、本当に苦しいのはここからだった・・・
【完】