Academy Topics

寒稽古と校内術科大会、そして餅つき


  平成29年12月から平成30年1月までの間、初任科生は八幡平市内のスキー場において、冬山遭難救助訓練を実施しました。
 スキー初体験の学生も数多くいましたが、皆、ゴンドラに乗って頂上から滑り下りることができるレベルのスキー操作技術を修得しました。
 訓練最終日には、遭難救助のプロである機動隊員を講師に迎え、雪山での捜索要領について指導を受け、来る第一線での遭難救助活動に備えました。訓練を終えた学生らは、「岩手県警察官として、冬山遭難救助の技能は必要不可欠。県民の命を守るため、今後も技術向上を目指して訓練と体力錬成に励みます。」と、決意を新たにしました。
 
 
初日はあいにくの荒天
スキー未経験者「大丈夫かな・・・」
 
やっぱり転倒の連続
体力自慢たちに不安がよぎる
 
しかし弱音を吐いてはいられない
ひたすら練習・練習
  
おっ、少しずつ滑れるようになってきたぞ☆
 地道な練習の結果・・・
「スキーって楽しい!!」
最終日は機動隊員の指導で捜索要領を学ぶ
ゾンデ棒で雪中を捜索
「人に棒が当たるとこんな感触か~」
「発見したなら早く救出してくれ~~」
 
県民の命を守るための大事な訓練
これからも修得に励んでいきます