学校長メッセージ
 平成30年4月1日、「東日本大震災津波等の被災地の力になり、岩手県民の安全と安心な暮らしを守りたい。」という熱い志を持った約80名の新人が岩手県警察学校に入校し、彼らの警察官人生が始まりました。

当校の校訓である「立志(りつし)開道(かいどう)」は、学生たちの警察官人生の「始まり」と、学生たちの「未来」を意味します。学生たちは、何者をも恐れず、何事にも屈しない強靱な気力・体力と良き社会人としての良識を兼ね備え、正義を実現するための「優しさと強さ」を養うため、日々勉学・訓練に励んでいます。

 このホームページでは、警察官を志願する多くの方々のため、学生の学校生活や訓練等の様子を紹介するとともに、私達と一緒に岩手県民の安全・安心を実感できる故郷の実現に向けた志のある方をお待ちしています。


            岩手県警察学校長   小野寺 啓泰 










MENU