" " Yes To Life,No To Drug." "
ダメ。ゼッタイ。 愛する自分を大切に
麻薬・覚せい剤・大麻・シンナー等薬物の乱用をなくそう
薬物乱用は、 イラスト 覚せい剤
精神や身体をボロボロにし、
人間としての生活を営むことをできなくさせます。
また、場合によっては死亡することもあります。
「身近な人に勧められたから」「1回くらいなら」
すべて〈NO〉です。
イラスト 覚せい剤2  薬物には依存性という共通の性質があり、
 「一度だけ」という好奇心遊びのつもりでも、
なかなかやめられません。
 幻覚、妄想などの精神障害に陥り、殺人等の
凶悪な犯罪を犯したりします。
 私たちの周りから薬物の乱用をなくしましょう。

覚せい剤乱用の特徴と背景
" " 特徴
" " 再犯者(過去に覚せい剤取締法違反で検挙され、再び同様の覚せい剤犯罪を犯したもの)
の占める割合が高い
" " 未だ根強い需要が認められる
" " 背景
" " 大量の覚せい剤が流入
" " 暴力団や外国人密売組織等による広域的密売
" " インターネットにより少年や一般の人でも入手が容易
" " 薬物の危険性、有害性の認識と罪悪感の欠如


薬物問題が社会に及ぼす影響
" " 治安の問題 " " 職業・経済の問題
①薬物を入手するため恐喝事件や強盗事件が多発
②薬物乱用に起因する凶悪な犯罪が多発
①怠業、失業などの職業生活の破綻
②金銭問題の頻発と経済生活の破綻
" " 家庭での問題 " " 友人の問題
①家庭内暴力、家庭崩壊
②生活の乱れ
①けんかを起こしやすく、友人知人から離れ孤立する
②薬物乱用仲間の形成
" " 学校での問題 " " その他の問題
①欠席
②学業不振、校内暴力
③他校の生徒への薬物乱用の広がり
①暴力団など薬物犯罪組織の大きな資金源となり、 安全な社会を阻害する

覚せい剤等薬物の相談電話は ♯9110
警察安全相談電話            (019-654-9110)
最寄りの警察署や交番でも受け付けています。
岩手県警察本部 組織犯罪対策課

県警トップへ