銃刀法が改正されます
準空気銃の所持の禁止
銃刀法が改正され、威力の強いエアガンは準空気銃となり、規制の対象となります。
銃刀法改正 準空気銃の所持禁止 法律施行日 平成18年8月21日
【規制の要点】
  エアソフトガンについては、今まで特に規制されていませんでしたが、威力の強いエアソフトガンを使用した犯罪が増えてきたことなどから、人の身体に傷害を与える威力を有するエアソフトガンについて準空気銃と規定し、所持を禁止するものです。
【法律の内容説明】
準空気銃とは
   圧縮した気体を使用して弾丸を発射できる銃で、人を傷害し得るもの
  ※準空気銃となるエアガンの弾丸の運動エネルギーの値
  3.5ジュール/?以上(6mm弾の場合0.98ジュール相当)

  (目安として1m離れた距離からビールの空き缶(アルミ缶)を貫通する程度
   の威力)
規制の内容は
   法令に基づき職務のために所持する場合等を除き、所持を禁止
違反するとどうなる
   1年以下の懲役又は30万円以下の罰金
銃刀法改正ポスター
【規制に対する措置】
今持っているエアガンの威力が強いと思ったら
   製造業者や威力を測定できる販売店等で検査しましょう。
  (自分で測定できる簡易測定器もあります。)
平成18年8月21日の時点で既に所持している準空気銃は
   平成19年2月20日までに改修又は処分しましょう。
  (平成19年2月20日までに措置すれば、罪には問われません。)
準空気銃の処分方法は
   製造業者等に送付、復元できないように破壊又は警察に処分を依頼しましょう。
平成18年8月21日以降に準空気銃を手に入れると
   不法所持になり、罪に問われることになります。
 
  詳しくは、最寄りの警察署生活安全課、交番、駐在所又は警察本部生活環境課までお問い合わせください。
岩手県警察本部 生活環境課
電話 019-653-0110
県警ホームページトップへ戻る