帰宅途中の女子学生を狙った性犯罪が増加しています。
 被害に遭わないためには、犯人がいつどこから襲ってくるかを知り、備えることが一番です。
 これまでの発生状況を分析した結果は次のとおりです。
参考にして被害に遭わないよう注意しましょう。


1 発生時間
   曜日を問わず、夜間(夕方から深夜にかけて)の発生が多くなっています。
   発生の多い時間帯は
      ① 午後8時~午後10時
      ② 午後6時~午後8時
      ③ 午後10時~午前零時

  の順となっています。

2 発生場所
   屋外での被害が多く、中でも、路上での被害が目立ちます。
   発生が多いのは
      ① 人通りの少ない住宅街の路上
      ② 繁華街から住宅街に差しかかった暗がり
      ③ 駅近くの地下道及び駅近くの暗がり

  です。

3 被害状況
   一人歩きの女性が狙われ
      ① 徒歩で帰宅する途中に、後方から近づいてきた犯人に襲われる
      ② 列車利用後、駅から自宅まで帰る間に、暗がりや物陰に連れ込まれて襲われる
      ③ 自転車に乗って帰宅途中、自転車ごと倒され襲われる

  といった形態です。

4 予防対策

      ① 通学コースを確認し、暗く人通りの少ない場所の通行を避ける
       工夫をしましょう。
      ② 周囲の状況に気を配りながら通行しましょう。
      ③ 万が一襲われそうになったら、すぐに大きな声を出しましょう。
      ④ 防犯ブザーなどのグッズを活用しましょう。

↑ページTOPへ