特別出向者による地元中学生を対象とした学習支援ボランティア

広島県警から特別出向者として釜石警察署において勤務していた前川巡査長は、「受験を控えているのに、学習塾がない」との仮設住宅付近の住民の声を聴き、前職である学習塾講師の経験を活かし、

釜石東中学校の了解を得て、同校において勤務の休日を利用した放課後学習ボランティア活動及び夜間学習支援活動を、延べ51日間実施しました。

この活動に対し、生徒及び保護者から、感謝の色紙と写真入り置き時計が記念に贈られました。