" " 交番と110番

Q

交番(こうばん)駐在所(ちゅうざいしょ)はどこが(ちが)うのですか?

A

 交番(こうばん)駐在所(ちゅうざいしょ)は、地域住民(ちいきじゅうみん)身近(みぢか)(ところ)にあり、そこにお(まわ)りさんが勤務(きんむ)して、みなさんの()らしの安全(あんぜん)(まも)活動(かつどう)をする拠点(きょてん)となっています。
 交番(こうばん)は、(しゅ)として市街地(しがいち)()かれ、お(まわ)りさんが交替(こうたい)警戒活動(けいかいかつどう)(おこな)っています。
 駐在所(ちゅうざいしょ)は、原則(げんそく)として1のお(まわ)りさんが家族(かぞく)とともに地域(ちいき)居住(きょじゅう)し、地域(ちいき)安全(あんぜん)(まも)活動(かつどう)(おこな)っています。
 岩手県内(いわてけんない)には平成(へいせい)29月1日現在(げんざい)交番(こうばん)が41か(しょ)駐在所(ちゅうざいしょ)が157か(しょ)あります。


Q 交番制度(こうばんせいど)()まれた(くに)はどこですか?
A

 (まち)(なか)交番(こうばん)建物(たてもの)()き、そこを中心(ちゅうしん)制服(せいふく)警察官(けいさつかん)活動(かつどう)するという制度(せいど)は、明治(めいじ)(ねん)日本(にほん)東京(とうきょう))で()まれました。
 当初(とうしょ)建物(たてもの)はなく、(まち)なかの交差点(こうさてん)などに警察署(けいさつしょ)から出向(でむ)いて(まち)(まも)っていたのですが、(あめ)()(かぜ)()など大変(たいへん)だったので、明治(めいじ)14から交番(こうばん)建物(たてもの)()てられ、(いま)のような制度(せいど)活動(かつどう)することになりました。
 現在(げんざい)では、交番制度(こうばんせいど)は、アメリカやシンガポールでも()()れられており、地域住民(ちいきじゅうみん)安全(あんぜん)(まも)るために日本警察(にほんけいさつ)(つく)った世界(せかい)(ほこ)るシステムとして、日本警察(にほんけいさつ)(おお)きな特徴(とくちょう)となっています。


Q 交番(こうばん)』という名前(なまえ)由来(ゆらい)(なん)ですか?
A

 明治(めいじ)東京警視庁(とうきょうけいしちょう)に「交番所(こうばんしょ)」が(はじ)めて(もう)けられましたが、当時(とうじ)は、警察官(けいさつかん)警察署(けいさつしょ)から特定(とくてい)場所(ばしょ)出向(でむ)いて、交替(こうたい)立番(りつばん)をする(かたち)をとっていました。「交番所(こうばんしょ)」の名称(めいしょう)由来(ゆらい)は、「交替(こうたい)(ばん)をする(ところ)」ということからついたものと(おも)われます。
 この交番所(こうばんしょ)はその()建物(たてもの)()てて、そこで仕事(しごと)をする現在(げんざい)(かたち)()わりました。明治(めいじ)2110に「派出所(はしゅつじょ)」、「駐在所(ちゅうざいしょ)」という名前(なまえ)全国統一(ぜんこくとういつ)されましたが、警視庁創設当時(けいしちょうそうせつとうしょ)の「交番所(こうばんしょ)」という名称(めいしょう)がそのまま「交番(こうばん)」という()()(のこ)りました。
 なお、「交番(こうばん)」という()()市民(しみん)(あいだ)定着(ていちゃく)し、国際語(こくさいご)としてもそのまま通用(つうよう)するほどになっていることから、正式名称(せいしきめいしょう)も「派出所(はしゅつじょ)」から「交番(こうばん)」に(あらた)められることになりました。


Q 交番(こうばん)のお(まわ)りさんはどんな活動(かつどう)をしているのですか?
A

 交番(こうばん)では、地域住民(ちいきじゅうみん)()らしの安全(あんぜん)(まも)るために、お(まわ)りさんが管内(かんない)のパトロール、犯罪捜査(はんざいそうさ)少年補導(しょうねんほどう)交通取締(こうつうとりしま)り、巡回連絡(じゅんかいれんらく)管内(かんない)家庭(かてい)事務所(じむしょ)などを訪問(ほうもん)する活動(かつどう))、迷子(まいご)やよっぱらいの保護(ほご)道案内(みちあんない)()とし(もの)(とど)()()けるなど、いろいろな活動(かつどう)(おこな)っています。


Q 110(ばん)はどんな仕組(しく)みになっていますか?
A

 「ハイ110(ばん)警察(けいさつ)です。」
 110(ばん)は、(どろ)ぼうや交通事故(こうつうじこ)などの事件(じけん)事故(じこ)があったときに、(いそ)いで警察(けいさつ)()らせるときに使(つか)います。みなさんと警察(けいさつ)とを(むす)大事(だいじ)なかけ(はし)として、安心感(あんしんかん)のよりどころとなっています。
 みなさんからの110(ばん)警察本部(けいさつほんぶ)通信指令課(つうしんしれいか)()けると同時(どうじ)に、事件(じけん)事故(じこ)現場(げんば)(ちか)くにいるパトカーや最寄(もよ)りの交番(こうばん)などに無線(むせん)連絡(れんらく)し、警察官(けいさつかん)現場(げんば)()かせます。
 なお、110番通報(ばんつうほう)受理(じゅり)してから警察官(けいさつかん)現場(げんば)()くまでの時間(じかん)を「リスポンス・タイム」といいますが、岩手県(いわてけん)平均(へいきん)(ふん)30(びょう)くらいとなっています。


Q 110(ばん)はいつごろできたのですか?
A

 110(ばん)は、昭和(しょうわ)2310東京(とうきょう)大阪(おおさか)京都(きょうと)名古屋(なごや)などの8つの主要都市(しゅようとし)でできました。しかし、当時(とうじ)番号(ばんごう)は、東京(とうきょう)が「110」、大阪(おおさか)京都(きょうと)が「1110」、名古屋(なごや)が「118」などと都市(とし)により番号(ばんごう)がまちまちでした。このため、利用者(りようしゃ)警察(けいさつ)()らせるときに番号(ばんごう)間違(まちが)えるなどの不都合(ふつごう)(しょう)じたため、全国(ぜんこく)どこでも(おな)番号(ばんごう)統一(とういつ)することにしました。
 そこで番号(ばんごう)()めるときに、

  「おぼえやすい」 : 利用者(りようしゃ)におぼえやすい番号(ばんごう)にすること
  「かけやすい」   緊急性(きんきゅうせい)(かんが)え、当時(とうじ)のダイヤル式電話(しきばんごう)のダイヤルを(まわ)距離(きょり)(ストッパーまでの距離(きょり))が一番短(いちばんみじか)い「1」を(おお)くすること
  「まちがいにくい」: (あやま)りを(ふせ)ぐために、ダイヤルを(まわ)距離(きょり)一番長(いちばんなが)い「0」を使(つか)うこと

(かんが)えて、昭和(しょうわ)29全国的(ぜんこくてき)に、現在(げんざい)の「110」(ばん)統一(とういつ)されました。


Q 110(ばん)のかけ(かた)(おし)えてください。
A

 岩手県内(いわてけんない)から110(ばん)をかけると、盛岡市(もりおかし)にある警察本部(けいさつほんぶ)通信指令課(つうしんしれいか)につながります。
 110(ばん)()ける警察官(けいさつかん)は、(つぎ)のようなことを()きます。あわてず、()()いて(はな)してください。

   (なに)があったのか(事件(じけん)事故(じこ)か)
   ○ いつ
   ○ どこで
   犯人(はんにん)特徴(とくちょう)人相(にんそう)服装(ふくそう)()げた方向(ほうこう)など)

   被害(ひがい)状況(じょうきょう)(けがの程度(ていど)や、(ぬす)まれた(もの)など)
   ○ あなたの名前(なまえ)住所(じゅうしょ)電話番号(でんわばんごう)

 警察(けいさつ)では、110(ばん)(ただ)しく利用(りよう)してもらうため、毎年(まいとし)10を「110(ばん)()」と(さだ)め、110(ばん)(ただ)しい利用(りよう)などについてお()らせしています。


Q

110(ばん)はどのくらいかかってくるのですか?

A  110(ばん)は、殺人(さつじん)強盗(ごうとう)などの凶悪的(きょうあくてき)なものから、家出人(いえでにん)やよっぱらいの保護(ほご)などにいたるまで幅広(はばひろ)利用(りよう)されています。
 1日平均(にちへいきん)(やく)130(けん)の110(ばん)がかかってきます。しかし、緊急(きんきゅう)でない相談電話(そうだんでんわ)やいたずら電話(でんわ)数多(かずおお)くあります。事件(じけん)事故(じこ)で110(ばん)をしてもつながらなかったりして大変困(たいへんこま)ることがありますので、いたずら電話(でんわ)絶対(ぜったい)にやめてください。

 (こま)りごとや(なや)みごとなどの相談(そうだん)は、短縮(たんしゅく)ダイヤル「#9110」または、(ちか)くの警察署(けいさつしょ)交番(こうばん)駐在所(ちゅうざいしょ)電話(でんわ)するようにしてください。
 

Q けんかをしてなぐられたときや、お(かね)をなくして(こま)っているときに110(ばん)をしてもよいですか?
A

 110(ばん)は、事件(じけん)事故(じこ)発生(はっせい)したときに(いそ)いで警察(けいさつ)連絡(れんらく)をとるためのもので、(どろ)ぼうに(はい)られたとか、交通事故(こうつうじこ)でけが(にん)があるときなどに利用(りよう)するものです。
 ですから、()どものけんかでけががないような場合(ばあい)には、学校(がっこう)先生(せんせい)やお(とお)さん・お(かあ)さんに相談(そうだん)した(ほう)がよいですし、お(かね)()くしたときは交番(こうばん)(とど)けた(ほう)がよいでしょう。
 また、110(ばん)は、(ひと)(いのち)にかかわる大切(たいせつ)なことを(つた)えるためのものなので、事件(じけん)事故(じこ)にあって本当(ほんとう)に110(ばん)をかけようとする(ひと)迷惑(めいわく)をかけないよう、いたずら電話(でんわ)はやめましょう。


警察なんでもQ&A へ戻る