ワンポイントアドバイス情報
No.43 平成30年12月11日

広報チラシ[PDF]

 カーブでは速度を落として「スロー・イン」
 緩やかに見えるカーブでも、遠心力がかかり、速度が速くなるほどその力は大きくなります。
 カーブの手前では十分に速度を落とす「スロー・イン」を確実に行いましょう。

体調管理を万全に
 季節の変わり目は体調を崩しやすくなります。
 体調不良等は、運転に必要な判断が遅れがちになり、大きな事故につながることもあります。
 体調が悪い時には、運転を控えることも必要です。
 また、運転中に体調の変化を感じたら、無理に運転を続けず、早めに休憩をとりましょう。
※記載内容は一般的な注意事項であり、事故原因との関係はありません。


夕暮れから夜間の歩行者に注意


こちらのサイトで更に詳しく説明しております
https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201711/1.html
 ドライバーの皆さん
 夕暮れから夜間は、原則ハイビーム走行を心掛けていますか。
 ライトの照射範囲は、ロービームが約40メートルに対し、ハイビームは約100メートルと倍以上になります。
 前車や対向車がいない場合には原則ハイビーム走行で歩行者や危険の早期発見に努めましょう。

 歩行者の皆さん
 夕暮れから夜間にかけては、歩行者は見えにくく、特に暗い色の服装の歩行者は暗闇と同化しドライバーからの発見が遅れてしまいます。
 明るい色の服装に反射材を身につけ、自分自身を目立たせましょう。


 
岩手県警察本部 交通部 交通企画課
電話019-653-0110




 
過去の交通事故発生ニュースはこちら


※ 最新の情報は、更新(情報の再読み込み)後にご確認ください。