請求できる方
 公安委員会又は警察本部長が保有する自己に関する個人情報を開示請求することができます。ただし、開示請求ができる方については、次の方に限られます。
 ・  ご本人 
 ・  未成年者又は成年被後見人の法定代理人(当該未成年者又は成年被後見人に代わっての請求)
 ・  死者に関する個人情報について、当該死者の配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹その他同居の親族
 
開示請求書の記載
 開示請求書は、各情報センターの窓口に備え付けているほか、このページからダウンロードすることもできます。

【開示請求書に記入する内容】

あて先名 「岩手県公安委員会」又は「岩手県警察本部長」
開示請求をする方の住所又は居所、氏名及び連絡先(電話番号) 法人の場合は、その名称及び代表者の氏名
※ 押印は必要ありません。
公文書の名称等 開示請求に係る個人情報を検索し、特定できる程度に具体的に記載
開示の実施の方法 窓口における閲覧、写しの交付又は郵送による写しの交付
※ 請求書提出後に指定することも可能です。
個人情報の本人の状況等 法定代理人又は遺族による請求の場合に記載 
開示請求書のダウンロードはこちらから(pdfファイル/85.6 KB)
 
開示請求書の提出
 各情報センターの窓口に直接提出してください。
 各情報センターの場所・連絡先については、「開示請求等窓口」を参照してください。
 また、開示請求書を提出する場合には、ご本人又はその法定代理人若しくは遺族であることを確認する必要がありますので、次の書類を併せてご持参してください。

【ご本人による請求の場合】
 運転免許証、旅券その他これらに類する書類
 ※ 顔写真の貼付された書類以外の場合は、複数の書類が必要となります。

【法定代理人による請求の場合】
 ・ 請求者の運転免許証、旅券その他これらに類する書類
   ※ 顔写真の貼付された書類以外の場合は、複数の書類が必要となります。
 ・ 戸籍謄本、成年後見人にかかる登記事項証明書その他の法定代理人の資格を証明する書類

【ご遺族による請求の場合】
 ・ 請求者の運転免許証、旅券その他これらに類する書類
    ※ 顔写真の貼付された書類以外の場合は、複数の書類が必要となります。
 ・ 戸籍謄本その他ご遺族であることを証明する書類
 
開示決定等
 開示請求書を受理した日から原則として15日以内に、開示するかどうかの決定を行い、その結果について郵送により通知致します。ただし、事務処理上困難等の理由により、15日以内に決定できない場合には、その期間を延長する場合があります。
 なお、個人情報保護条例により開示できない情報(非開示情報)が記録されている場合には、開示請求された行政文書が開示されないことがあります。詳しくは、「開示できない情報」を参照してください。
 
開示の実施
 情報センターでの個人情報の閲覧・写しの交付を希望する場合には、開示決定等の通知に記載されている「開示する日時」に窓口へお越しください。
 なお、閲覧については無料となりますが、写しの交付を希望される場合、費用をご負担いただきます(A4版白黒の場合1枚10円)。また、郵送による交付を希望される場合は、別途郵送料についてもご負担いただきます。
 
 開示等の決定に不服がある場合には、行政不服審査法に基づき、決定等の通知を受けた日の翌日から3か月以内に、岩手県公安委員会に対して書面をもって審査請求をすることができます。