本当に大丈夫?送金前にもう一度考えて!
 岩手県警察では、お子様からお年寄りまで、振り込め詐欺の手口を広く知っていただくため、分かりやすい表現に置き換えた4つの手口それぞれの頭文字をとって
詐欺師かもな
と広報しています。

振り込め詐欺って何?
 振り込め詐欺
    ① しはらえ詐欺 (架空請求詐欺)
    ② かします詐欺 (融資保証金詐欺)
    ③ もどします詐欺 (還付金等詐欺)
    ④ なりすまし詐欺 (オレオレ詐欺)
の4つの手口に分けられ、それぞれに「だまし方」が異なります。
 これから、手口毎に「だまし方」や「注意する点」をお知らせいたしますので、あなた自身はもちろん、ご家族や友人など大切な人とその財産が被害に遭うことのないよう振り込め詐欺 について知ることから始めましょう。

しはらえ詐欺
はっきりしない請求は無視してまず相談
※ だまし方
 ・ 身に覚えのない利用料金や支払い督促をはがきやEメールなどで請求
   あたかも公的機関であるかのような名称を使って請求する手口もあります。
 ・ 連絡をしたばかりに、脅迫されたり嫌がらせを受けることも・・・
   「自宅に押しかける。」「裁判をおこす。」などと脅迫されたり、嫌がらせの電話やメールが来た事例もあります。
○ 注意する点
 ・ 利用した覚えがなければ、支払わないこと。
 ・ 身に覚えのない請求通知を受け取った場合は、差出人に連絡をしないこと。
 ・ 場合によっては裁判所からの通知であることも・・・
   真偽の判断に迷う場合は最寄りの裁判所に相談しましょう。
   はがきに書いてある電話番号に電話をかけると、犯人につながる可能性があります。
   最寄りの裁判所に電話をするときは、必ず電話帳などで番号を調べましょう。
ページTOPへ↑

かします詐欺
お金を借りるのに先に保証金を払えは詐欺
※ だまし方
 ・ 低金利の融資をうたい、雑誌広告やダイレクトメール、FAXなどで勧誘
   大手金融機関に似せたもっともらしい業者名や、実在する業者名を使って融資を誘います。
 ・ 融資を申し込むと、様々な名目でお金を要求
   融資を受けるための「保証金」「登録料」「審査量」「一時保険金」「信用調査」など様々な名目で送金を要求します。
○ 注意する点
 ・ 金融機関では、融資申込み時に保証金などを振込むよう要求することはありません。
   そのような要求があった場合には詐欺を疑ってください。
 ・ 「融資実行後に保証金を返却する。」という言葉はだまし文句です。
 ・ ダイレクトメールやFAXによる融資の勧誘は、基本的に詐欺を疑いましょう。
   融資の申込みは即断することなく、必ず家族などに相談しましょう。
   融資の申込みをした場合でも、保証金などを要求されたときには、詐欺を疑い、警察に通報してください。
ページTOPへ↑

もどします詐欺
お金を返すからATMに行けは詐欺
☆「もどします詐欺」の手口再現ページへ☆
※ だまし方
 ・ 突然の電話連絡
   税務署や社会保険事務所、市役所などの職員を装って電話をかけてきます。
 ・ ATMへの誘い出し
   「税金をお返しします。」「年金の未払い分が支払われます。」などと言葉巧みにATMまで誘い出します。
 ・ ATMの操作方法を携帯電話で指示
   操作方法を親切丁寧に教えられますが、これはあなたの口座から犯人の口座にお金を振り出すための作業です。
   あなたがATMを操作して、相手からお金が振り込まれるということは、ATMの機能からみてもありえません。
○ 注意する点
 ・ 「還付金がある。」という電話は、詐欺を疑ってください。
 ・ 続けて、「ATMに行くように。」と言われたら、それは絶対に詐欺です。
 ・ 相手から入金を受けるにあたり、あなたがATMを操作する必要はありません。
ページTOPへ↑

なりすまし詐欺
電話番号が変わったという電話は詐欺
※ だまし方
 ・ 大根役者になりすまし
   親心につけ込み、子どもや孫など肉親を装います。
   「オレだよ、オレ。」と電話をかけてきたところに「○○ちゃん?」と名前を言わせ、「そうだよ。」となりすまします。
   実在する息子や孫の名前をかたって電話をかけてくることもあります。
   警察官や金融庁職員、弁護士、会社の上司、債権者、保険会社など、役者をそろえて演劇することも。
 ・ 家族や大切な人が、事件や事故・不祥事を起こすなど、トラブルに!
   「彼女を妊娠させた。」「交通事故を起こした。」「会社の金を使い込んだ。」「医療ミスをした。」「学校で生徒に怪我
  を負わせた。」など、切羽詰った状況を演出し、あなたを動揺させます。
 ・ 解決方策として金銭を要求
   「会社に知られるとクビになる。」「内密に終わらせたい。」「示談に必要。」などと説明し、お金を振り込むよう要求
  してきます。
○ 注意する点
 ・ 落ち着いて考えられると不審点に気づかれるので、考える余裕を与えないよう、とにかく急がせます。
 ・ 周囲の人に相談されると気づかれてしまうので、様々な理由をつけて、口外させないよう仕向けます。
 ・ 一度電話を切り、必ず本人に連絡を取って、事実関係を確認しましょう。
 ・ 話の中で「電話番号を変えたので、こっちに電話して。」と言われたら、それは詐欺を疑いましょう。
 ・ 被害に遭われた方のほとんどが「なりすまし詐欺(オレオレ詐欺)」を知っていましたが
       まさか自分のところに電話が来ると思わなかった
       声が本人に似ていた
       家族を助けようと必死だった
       電話の話を信じ、頭の中が真っ白になってしまった
  などの理由で被害に遭っています。
ページTOPへ↑

詐欺師かもな・・・というときは
 少しでも詐欺師かもなと疑いを持ったら、必ず家族や知人などに相談することが大切です。
また、たった今、犯人からの電話があったなどという場合には、迷わず
110番通報
するようお願いします。

振り込め詐欺の被害にあわん
岩手県警察 振り込め詐欺対策本部
(岩手県警察本部 生活安全企画課 安全・安心まちづくり推進室)
電話番号 019-653-0110
県警トップへ         振り込め詐欺対策トップへ
ページTOPへ↑