Iwate Prefectural Public Safety Commission
岩手県公安委員会
公安委員会とは
プロフィール
活動状況
開催概要
公安委員会に対する苦情申し出について
公安委員会に対する公益通報について 
 定例会議の開催概要
過去の定例会議へ
  2018/10/24(WED)
  2018/10/17(WED)
  2018/10/10(WED)
最新の定例会議
2018年11月7日(水)
次の議題について警察本部から説明・報告がなされ、決裁等が行われた。
■全体会議
【公安委員会から
   冒頭、委員から、
   「 先週、当県において東北管区内公安委員会連絡会議を開催し、各県公安委員会の活動事例の発表のほか、人的基盤の強化方策について協議が行われた。協議等を通じ、組織のあるべき姿を維持しながら、変えるべきものは柔軟に変えるといった取組の必要性について再認識したところである。」旨の発言があり、別の委員から、「災害警備について、警察だけですべてを解決できる時代ではなく、関係機関と連携しながら、様々な事態に対処していくことが極めて重要であることを改めて感じた。」旨の発言があった。また、別の委員から、「交番における警察官殺傷事件を受け、交番勤務員の安全確保と県民との距離についてどうバランスを取るか検討しなければならないという話があったので紹介する。」
  旨の発言があった。
 
【生活安全部議題
サイバー犯罪対処能力向上実践塾の実施について
    警察本部から、「 捜査員のサイバー犯罪対処能力の向上を図ることを目的とし、本年10月中、本部、県央、県南、沿岸、県北と県内を5ブロックに分け、サイバー犯罪対処能力向上実戦塾を実施した。実施内容については、SNS等に書き込みした者の追跡捜査要領やインターネット接続状況の検証要領等、実務に直結するものを選定した。 」旨の報告があった。
  《 委員発言 》
     「 これから更にニーズが高まっていく分野だと思われるので、あらゆる機会を活用して教養を行っていただきたい。」
 「 多くの警察官がサイバー犯罪に対応できる能力を身に付け、底辺を広げていくことが必要であるが、併せて、サイバー犯罪捜査の精鋭を育成することも重要なことであるので、これを念頭に諸対策を進めていただきたい。」
  → 本部発言
     「 サイバー犯罪に関しては、苦手意識のある警察官も多いことから、教養を継続し、底辺を広げるとともに、レベルの高い研修を受講させるなどしてエキスパートの育成に努めていくこととしたい。」
 
【交通部議題 
専決事務処理状況(平成30年7月~9月)について 
   警察本部から、「 本年7月から9月までの交通部関係業務に係る専決事務処理状況について、交通規制課関係では、道路標識・標示の設置のうち、一時停止標識と横断歩道の設置が前年比で増加したが、これは沿岸地域の区画整理事業の伸展に伴う安全対策を実施したためである。交通指導課関係では、放置違反金に係る事務のうち、弁明通知書・納付命令書の送付、滞納処分の執行が前年比で減少したが、これは、昨年、駐車違反対策を強化し、本年になってその成果が表れたものと考えられる。運転免許課関係では、申請による免許の取消しが前年比で増加し、第1四半期から第3四半期までの件数を合計したところ、前年比で微増であり、大幅に増加した昨年と同水準で推移しているところである」旨の報告があった。 
  《 委員発言 》
     「 最近、死亡事故が連続発生しており、これから年末に向けて事故の増加が懸念されることから、できる対策は何でもやるという気概を持ち、各種取組を実施していただきたい。」
  → 本部発言
     「 11月に入り、交通事故で3人の方が亡くなり、本年の交通事故死者数が49人となったことを受け、本日、これまで推進している対策を更に強化するよう各署に対して指示したところである。」
     
【警備部議題  
みちのくALERT2018(自衛隊主催、4年に1度東北6県参加の大規模災害訓練)併催の岩手県総合防災訓練への参加について 
   警察本部から、「 本年11月9日から11日までの3日間、自衛隊が主催し、4年に1回行われる東北6県参加の大規模災害訓練であるみちのくALERT2018併催の岩手県総合防災訓練に参加する。同訓練は、自衛隊、岩手県が主催し、136機関、5,000人以上が参加するもので、当県警察は、盛岡市等、6市町村で行われる訓練に参加する。今回の訓練は、三陸沖を震源とする震度6弱の地震が発生し、沿岸地域に大津波警報が発令され、多くの建物が損壊流出したとの想定の下、図上訓練、活動拠点調整訓練、救出救助訓練、検視身元確認訓練、避難誘導・交通規制訓練等を実施する。」旨の報告があった。 
     
東北管区広域緊急援助隊総合訓練への参加について 
   警察本部から、「 来年開催されるG20大阪サミットへの特別派遣に備え、指揮官の指揮能力及び隊員の対処能力の向上を目的とし、本年11月14日に指揮官訓練、11月20日から22日までの3日間、合同警備訓練を当県警機動隊において実施する。訓練内容については、11月14日は中隊長、小隊長を対象とした警備部隊指揮要領についての講義と警備指揮訓練を実施し、11月20日から22日までの3日間は、連合機動隊を対象とした警察庁指定広域技能指導官による講義、右翼対象者推進・阻止要領等の訓練を実施する。」旨の報告があった。 
     
NBCテロ対処に係る教養訓練の実施について 
   警察本部から、「 北海道・東北管区内NBCテロ専門部隊の対処能力の向上、部隊の連携強化を図ることを目的とし、本年11月15日、翌16日の2日間、当県警機動隊において、NBCテロ対処訓練を実施する。今回の訓練は、各道県警察のNBCテロ専門部隊のほか、専門部隊以外の機動隊員、警察本部の担当者も参加し、警察庁・東北管区警察局の担当者による教養、展示訓練、実動訓練等を実施する。」旨の報告があった。 
     
【警察本部から  
おわりに警察本部から
   「 高齢者の交通事故防止県民運動の実施結果について、期間中、県内において交通死亡事故の発生はなく、人身事故発生件数、負傷者数、高齢者の関係する事故件数について過去最少であった。本部執行隊、各警察署、関係機関・団体が連携した取組の成果であったと考えている。一方で、11月中、交通事故で3人の方が亡くなっていることから、本部としてもできることをしっかりと取り組んでまいりたい。」 
旨の報告があった。
 
     
 ■個別会議 
運転免許課
  免許取消等処分関係に係る意見の聴取結果等の説明、決裁 
監察課
  監察課業務報告
平成30年永年勤続警察職員表彰式における委員長対応の説明、決裁
県民課
  県民課業務報告
犯罪被害者支援県民のつどいの開催概要及び委員長対応の説明、決裁
生活安全企画課
  生活安全企画課業務報告
ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づく禁止命令実施報告
総務課
  公安委員会あて文書の処理等に関する説明、決裁
   

    TOPへ