Iwate Prefectural Public Safety Commission
岩手県公安委員会
公安委員会とは
プロフィール
活動状況
開催概要
公安委員会に対する苦情申し出について
公安委員会に対する公益通報について 
 定例会議の開催概要
過去の定例会議
2017年8月9日(水)
次の議題について警察本部から説明・報告がなされ、決裁等が行われた。
■全体会議  
【公安委員会から
   冒頭、委員から、
     「 警察は県民のため、24時間、365日活動しなければならないが、その反面、休むときにはしっかりと休んでいただきたい。昨年は、台風第10号に伴う災害警備や国体に伴う警衛警備等で多忙を極め、夏期休暇を取得できなかった職員も多かったのではないかと思う。本年は大規模な行事もなく、また、休暇については、まず上司が休むべきという意見もあることから、率先して休暇を取得し、英気を養っていただきたい。」
  旨の発言があった。
 
【警務部議題
平成29年度第1四半期における総合監察の実施結果について
    警察本部から、「平成29年度第1四半期において、盛岡西警察署等4警察署に対して総合監察を実施した。監察結果については、直ちに改善しないと不適切な業務につながるおそれがある指摘事項はなかった。良好な施策として、朝礼に参加できなかった駐在所員を対象としたブロック別短時間逮捕術訓練の実施、進捗状況の把握による適正な捜査管理、特殊詐欺事件の初動対応対策、取調べ録音録画制度に関する当直班ごとの教養の実施等があったほか、証拠品の保管管理、反則切符使用報告書等の運用に関しては、口頭指導事項があった。術科監察については、逮捕術基本訓練、総合術科訓練とも練度が高く、全体的に良好であった。」旨の報告があった。
  《 委員発言 》  
      「 職員一人一人に対し、使命感や危機管理に関する意識付けを行うためには、幹部の意識が大切であり、朝礼等に参加できなかった職員に対しても別に場を設け、指示していくことが必要であると考える。」
  → 本部発言 
      「 委員御指摘のとおり、工夫を凝らしながら、全署員に意識付けを図ってまいりたい。」
  《 委員発言 》   
      「 取調べの録音録画については、機器の操作要領を習熟させるための教養を徹底していただきたい。」
 
【生活安全部議題  
サイバーセキュリティに係る上半期取組状況の報告
     警察本部から、「平成28年1月に『岩手県警察サイバーセキュリティ対策本部』を設置し、サイバー犯罪対策、サイバー攻撃対策及び情報セキュリティ対策の3部会において、それぞれ諸対策を講じているところであるが、本年7月26日に総括部会を開催し、上半期の取組状況を報告するとともに、下半期に向けての取組課題について検討した。上半期においては、岩手県サイバーテロ対策連絡協議会等との連携強化、サイバーセキュリティカレッジによる意識の醸成、サイバー捜査専科における講話、サイバー犯罪捜査ミニテストの実施等に取り組んだ。下半期については、無料無線LANサービスのセキュリティ対策、テロ対策パートナーシップ組織の構築、岩手県サイバー防犯ボランティアへの支援、サイバー犯罪捜査検定取得率の向上等に取り組むこととしている。」旨の報告があった。
  《 委員発言 》 
      「 サイバーセキュリティに関する教養については、教育現場の需要が非常に多い。子供は大人より新しい知識を吸収する力を持っているので、インターネットの世界には犯罪に近い側面もあることを警察から教養していただきたい。」
  → 本部発言  
      「 特にSNSの利用に関しては、被害者にも被疑者にもなり得る可能性があるので、教養の機会の更なる拡充に努めてまいりたい。」
  《 委員発言 》  
      「 ランサムウェアのようなサイバー犯罪が増えていく可能性もあり、新しい犯罪に対応できるよう知識を深める努力をしていただきたい。」
  → 本部発言
      「 本年から、サイバー犯罪捜査検定の中級試験も始めたところであり、これを契機として職員のレベルアップを図っていきたいと考えている。」
     
【警備部議題    
平成29年度岩手県総合防災訓練への参加について
    警察本部から、「8月25日、翌26日の2日間、盛岡市、紫波町、矢巾町において行われる岩手県総合防災訓練に参加する。訓練は、地震による庁舎損壊及び台風による河川氾濫等を想定した訓練であり、警察の実施する訓練内容は、災害対策本部移転訓練、負傷者救出訓練、先行情報収集伝達訓練、検視身元確認訓練、映像伝送訓練、災害写真記録訓練、河川・道路等パトロール訓練である。」旨の報告があった。
  《 委員発言 》
  「 災害はいつどこで発生するか分からないため、有事に備えた訓練をしっかりと実施していただきたい。」
  「 このような訓練を通じて、関係機関との連携を図っていただきたい。」
   
【警察本部から  
   終わりに、警察本部から、
    「 台風第5号に伴う被害状況と警察措置について報告する。現在まで人的・物的被害の発生はなく、通行止めが2か所、倒木の通報が2件あった。沿岸部においては、昨夜、97世帯、127人が避難した。県警察では、本部に警備連絡室を設置し、避難勧告の発令を受けて災害警備警戒本部に態勢を強化、6警察署においては災害警備本部を設置し、被害情報収集や危険箇所の警戒等に努めた。」
 旨の報告があった。
 
 ■個別会議 
運転免許課
  免許取消等処分関係に係る意見の聴取結果等の説明、決裁
生活安全企画課 
  ストーカー規制法に基づく警告及び禁止命令の実施報告
総務課 
  公安委員会あて苦情の受理等に関する説明、決裁

    最新の定例会議へ戻る