Iwate Prefectural Public Safety Commission
岩手県公安委員会
公安委員会とは
プロフィール
活動状況
開催概要
公安委員会に対する苦情申し出について
公安委員会に対する公益通報について 
 定例会議の開催概要
過去の定例会議
2017年8月2日(水)
次の議題について警察本部から説明・報告がなされ、決裁等が行われた。
■全体会議  
【公安委員会から
    冒頭、委員から、  
    「 昨日から盛岡さんさ踊りが始まり、県内各地でも夏祭りが開催される時期を迎えた。警察には雑踏警備に万全を期していただきたい。2001年兵庫県明石市で11人が死亡するという重大な雑踏事故が発生し、警備を実施する側の責任問題に発展したが、これを教訓とし、毎年のことであっても新たな気持ちを持って取り組んでいただきたい。また、フランスではお祭り会場に車両が突入するなどのテロが発生しており、雑踏警備も難しさを増し、対策の高度化が求められている現状にある。不測の事態を想定した事前準備・訓練をしっかりと行い、抜かりなく対応していただきたい。」
  旨の発言があった。
 
【生活安全部議題
児童虐待の通告状況等について(平成29年6月末)
    警察本部から、「平成29年6月末現在における児童虐待の通告状況等について、児童通告人員は348人で、前年比で100人増加している。児童虐待事案に関する事件については、傷害、暴行等3件を検挙している。特徴点として、心理的虐待のうち、面前DVによるものが増加しており、また、ネグレクトが増加傾向にある。県警察としては、県担当部長に対する情報共有に関する協力要請、客観的聴取技法に関する研修会の開催、交番・駐在所を対象とした児童虐待対応訓練、通告児童等のデータベース化等の取組を実施している。」旨の報告があった。
  《 委員質疑 》 
      「 児童虐待人員が大幅に増加しているのは、関係機関が連携を図り、警察が初期段階で事案を把握できるようになったということか。」
  → 本部説明 
      「 DV事案等を認知した場合、その対応のみならず、子供に対する影響等を考え、一歩踏み込んで積極的に対応しているほか、関係機関への照会を徹底した上で最終判断をしていることが増加した理由として挙げられる。」
  《 委員発言 》 
      「 児童虐待の過去の取扱状況をデータ化し、情報を共有することは非常に意義のあることなので、しっかりと進めていただきたい。また、関係機関の連携についても強化していただきたい。」 
  → 本部発言 
      「 委員の御指摘を踏まえ、各取組を推進してまいりたい。」 
     
【交通部議題 
専決事務処理状況(4月~6月)について
    警察本部から、「交通部における平成29年4月から6月までの公安委員会の事務に関する専決事務処理状況について、交通指導課関係の放置違反金に係る事務のうち、弁明通知書の送付、納付命令書の送付及び滞納処分の執行がそれぞれ前年比で増加したが、これは地域住民の取締り要望を受けての活動や地域の違反実態に即した活動等を強化した結果、放置駐車違反取締り件数が増加したためである。運転免許課関係では、申請による免許の取消しが前年比で増加したが、これは高齢者の免許証の自主返納が増加したためである。」旨の報告があった。 
     
Twitter(ツイッター)を活用した交通取締り情報の発信について
     警察本部から、「ツイッターを活用した交通取締り情報の発信について、本年8月15日から運用を開始する。発信する情報については、各所属が計画している毎日の取締り情報のほか、必要に応じて死亡事故等重大事故情報、交通事故に伴う突発的な通行止め情報を発信する予定である。運用方針として、専用アカウントは岩手県警察交通部のアカウント(@IP_koutuu)とし、取締り情報を毎日更新することとしているが、事件事故や天候によって取締り場所を変更する場合があること、通報・相談の受理、個々の意見対応は行わないこと、事件事故の緊急時は110番通報することなどを但し書きとして掲出することとしている。今後、効果を検証しながら情報量や内容を検討することとしている。」旨の報告があった。
  《 委員質疑 》 
      「 交通取締り情報を発信することで、交通事故抑止効果が上がるのか。」
  → 本部説明 
      「 特定の地域での取締り情報を発信することは、ドライバーに緊張感を促し、事故抑止に効果があるものと考えている。」
     
【警察本部から 
   その他、警察本部から、  
    「 本年上半期における警察職員の懲戒処分の状況を踏まえ、各所属に対する指導教養を実施した。」
  「 認可外保育施設における傷害致死事件の被疑者について、処分保留により釈放されたが、今後も必要な捜査を継続する。」
  「 岩手中部水道事業団の保守点検業務委託をめぐる官製談合防止法違反事件について、被疑者3名を逮捕、7月28日に捜査本部を設置し、鋭意捜査中である。」
  「 7月29日午後2時10分頃、盛岡市西松園二丁目地内において交通部参事官兼運転免許課長が私有車を運転中、自転車と衝突し、自転車を運転中の女性が外傷性くも膜下出血等の重傷を負うという交通事故を起こした。交通安全対策の先頭に立って活動する立場にある交通部の所属長が交通事故を起こしたことは、誠に遺憾であり、重く受け止めているところである。」
 旨の報告があった。 
     
 ■個別会議 
運転免許課
  免許取消等処分関係に係る意見の聴取結果等の説明、決裁
  監察課
  監察課業務報告 

    最新の定例会議へ戻る