「次の一手」実現に向けてStaff interviews

熊谷 勇輝

[職種区分:総合土木]

沿岸広域振興局土木部
宮古土木センター道路整備課

採用から現在まで

採用から現在まで

平成20年度
二戸地方振興局土木部・技師
平成21〜22年度
県北広域振興局
土木部二戸土木センター・技師
最初の赴任地は二戸。振興局名が変わったものの、土木職の技師として道路維持の業務に2年間携わり、仕事のイロハを学んだ。
平成23〜25年度
県土整備部道路建設課・技師
本庁に異動し、道路整備に関する事業評価や予算の調整、土地収用などを担当した。
平成26年度〜
沿岸広域振興局
土木部宮古土木センター・技師
復興に関わる道路整備を担当。工事の施工業者、設計コンサルタント等と協力しながら沿岸地域の復興に関わる道路事業を推進。

復興道路・復興支援道路の整備

自分の手がけた仕事が、
地域を支える基盤になる。

 岩手県では、東日本大震災津波の被害を教訓に、災害に強い交通ネットワークを構築するための道路整備を進めています。私の仕事は、宮古地域の道路の計画、住民説明、関係機関との調整、工事発注、現場監督など、復興の最前線で道路整備全体の指揮をとること。短期間で多くの業務を行わなければなりませんし、責任も重大ですが、通常では経験できない規模の橋やトンネルを担当できることは、今の仕事の醍醐味です。特に復興に関わる道路は、暮らしや産業に直結するため、住民の皆さんの期待度も高く、応援の言葉をいただいた時はモチベーションがあがります。自分の手がけた仕事が復興を支え、地域にずっと残っていく。多くの人に喜ばれる仕事に、大きなやりがいを感じています。

県職員になって成長できたこと

土木職員は、現場での設計や工事監督に加え、事業の評価やインフラ整備に関わる各種基準の制定など、様々な業務を行います。多くの職場で違う業務を経験し、多くの人の考え方に触れることが、自分の学びとなり、成長につながっています。また、転勤するたびに県内の各地域のことに詳しくなることで、岩手のプロフェッショナルになっていく気がします。

ワタシの次の一手

岩手県では東日本大震災津波からの復興に関わる多くの土木工事を進めています。中には数kmに及ぶ道路を、橋梁やトンネルを築造しながら施工する現場もあります。このような現場を自分の目で実際に見ることは、土木の仕事に触れる絶好の機会。地元の小学校への出前授業や現場見学会を開催することで、土木の仕事の面白さを伝えていけたらいいですね。