平成19年12月定例会 請願・陳情
(採択されたものは、内容をご覧いただけます)

〔今期受理分〕 〔継続審査分〕

        ◎今期受理分

環境福祉委員会
受理番号 受理年月日 請願陳情の件名 議決結果 採択請願の処置
16 平成19年11月29日 障がい者への差別をなくすための岩手県条例の制定について請願 継続審査


17 平成19年12月6日 灯油・石油製品の異常高騰への緊急対策を求める請願
(環境生活部所管分)
採択
送付

18 平成19年12月6日 灯油・石油製品の異常高騰への緊急対策を求める請願
(保健福祉部所管分)
採択
送付



商工文教委員会
受理番号 受理年月日 請願陳情の件名 議決結果 採択請願の処置
20 平成19年12月6日 私学助成の大幅増額など教育関係予算の拡充を求める請願 継続審査




県土整備委員会
受理番号 受理年月日 請願陳情の件名 議決結果 採択請願の処置
19 平成19年12月6日 耐震改修工事助成制度の創設を求める請願 継続審査




        ◎継続審査分

環境福祉委員会
受理番号 受理年月日 請願陳情の件名 議決結果 採択請願の処置
3 平成19年6月26日 海に、空に、放射能を流さないことを求めることについての請願 継続審査


15 平成19年10月5日 2008年4月実施の「後期高齢者医療制度」の凍結・見直しを求める請願 意見書を発議し、関係機関に要望することとして採択 送付





受理番号:15
受理年月日:平成19年10月5日
2008年4月実施の「後期高齢者医療制度」の凍結・見直しを求める請願
 政府は2008年4月から、75歳以上を対象に新たな後期高齢者医療制度を実施しようとしている。
 この制度は、@これまで保険料負担のなかった扶養家族を含めて、75歳以上の全ての高齢者から保険料(初年度平均月額6,200円)を徴収する。A月額1万5,000円以上の年金受給者は年金から保険料を天引きする。B保険料滞納者は、保険料を取り上げ、窓口で医療費を全額負担させる。C75歳以上を対象に別建ての診療報酬を設定し、高齢者に差別医療を強いるなど多くの問題点が含まれている。
 こうした中で、後期高齢者医療制度について、「我々高齢者は、早く死ね!ということでしょうか」「年寄りいじめの制度ではないでしょうか」「年金暮らしの高齢者から、いま以上保険料や介護保険料を強制的に徴収することは、病気をしたら諦めなさい、早く死んで下さい、と言っているようなもの」「年金が年々減らされている時に、高齢者からばかりとらなくても・・・高齢者は夢も希望も持ってはいけないのでしょうか」など、先行き不安の声が出され、盛岡市内では、54単位老人クラブから谷藤広域連合長への要請署名が届けられるなど、後期高齢者医療制度に大きな関心が寄せられる一方で、県民に十分浸透しているとは言いがたい面もある。
 岩手県保険医協会が提出した「後期高齢者医療制度の充実を求める請願」は、岩手県議会と31市町村議会で採択され、国に対して意見書も提出されている。
 ついては、後期高齢者医療制度について、当分の間凍結・見直しをするよう、地方自治法第99条に基づき、国に対し意見書を提出していただくよう、請願する。 
 1 後期高齢者医療制度について、2008年4月からの実施を凍結・見直しをすること。

●戻る●


受理番号:17・18
受理年月日:平成19年12月6日
灯油・石油製品の異常高騰への緊急対策を求める請願
 第二次オイルショック以来の灯油・石油製品の異常高騰は、くらしや経営が悪化する岩手県内の消費者・事業者・生産者を直撃している。1缶1,800円を超える灯油価格も出ており、このままでは1世帯の一冬の灯油代は10万円を超え、県民世帯全体では昨年に比べ100億円を超える負担増となる。加えて、ガソリンや重油などの高騰が農林漁業をはじめさまざまな事業に与える影響も考えると、岩手県の産業や経済に与えるダメージははかり知れない。
 岩手県生協連の「灯油問題緊急対策本部」が緊急募集した「もうがまんできない!灯油・石油製品値上げ〜わたしの声・意見」には、わずか10日間で300件近い御意見が寄せられ、「寒くてもがまんしてストーブをつけずに過ごしている。」「地域に病院がなく、車を使わざるを得ない。これ以上の値上げは生きることを否定されること。」「もう私たち消費者が努力でがんばれるレベルではない。行政として何とかして。」などの声が寄せられている。また12月3日に開催した「石油製品の異常高騰に関する岩手県消費者・事業者懇談会」でも、生産者や事業者の皆さんから「このままではやっていけない。廃業や倒産する生産者・事業者も増えると思う。」との切実な声が出された。
 こうした灯油・石油製品の異常高騰を沈静化するために、国として国家備蓄を放出する、石油製品の消費税との二重課税を見直すなどの「緊急対策」を至急行うべきではないか。また岩手県としても生活弱者や高齢者に対して「福祉灯油」などの緊急対策も行うべきである。
 こうした消費者・事業者の負担の一方で、国際的原油価格の高騰を背景に、日本の石油元売会社は寡占化を強め、生産(在庫)・価格調整などによって、原油価格高騰以上の価格転嫁をはかり、この2年間また今年半期も大幅な利益を確保している。
 また国と石油元売各社は「必要な量は絶対に確保する。」と発言しているが、国内の灯油の製品在庫は436万キロリットル(11月10日現在)と前年比83%の低い水準である。この間「仮需対策」として出荷量の規制も行われており、足下では在庫の逼迫感も価格急騰につながっている。国は、石油元売会社への指導・監視などを強め適正価格と量の安定確保を至急行い、流通段階や家庭に安心感を広げるべきである。
 岩手県内のこうした切実な声を受け止めていただき、灯油・石油製品の異常高騰に対し、以下の対策を至急実施されるよう請願する。

1 岩手県として、生活弱者や高齢者に対して「福祉灯油」などの緊急対策を独自に行うこと。
2 以下の点について、地方自治法第99条に基づき、国に意見書を提出すること。
(1) 意図的在庫削減や出荷規制、ヤミカルテルなどによる便乗値上げが行われないよう、国内の石油元売各社に対して調査・監視・指導を強化すること。
(2) 国は、北海道・東北各地の灯油の在庫量の把握を実施し、安心できる量の確保と安定供給を責任を持って行うこと。
(3) 国は、石油製品の異常高騰を沈静化させるために、国家備蓄の放出、石油製品の消費税との二重課税の見直しなどの「緊急かつ有効な対策」を行うこと。
 ※上記1は保健福祉部所管、2は環境生活部所管。

●戻る●




BACK HOME