平成17年12月定例会 請願・陳情
(採択されたものは、内容をご覧いただけます)
〔今期受理分〕 〔継続審査分〕


◎今期受理分

農林水産委員会
受理番号 受理年月日 請願陳情の件名 議決結果 採択請願の処置
69 平成17年10月28日 あわび等密漁に対する罰則強化について請願 意見書を発議し、関係機関に要望することとして採択 送付


◎継続審査分
環境福祉委員会
受理番号 受理年月日 請願陳情の件名 議決結果 採択請願の処置
59 平成17年6月28日 岩手県立花泉病院の充実を求める請願 不採択
66 平成17年9月26日 岩手県立紫波病院の充実を求める請願 不採択



受理番号:69
受理年月日:平成17年10月28日
あわび等密漁に対する罰則強化について請願
 あわび等密漁に対する都道府県漁業調整規則の罰則規定を、漁業法第65条を改正し省令並みに強化されるよう、実現に向け強力に取り組まれたい。
 (理由)
 本県沿岸周辺のあわび、うに等磯根資源は、沿岸漁業にとって非常に重要な位置を占め、漁業者の生活の糧となっている。
 このため、古くから漁場造成、資源管理、漁場監視活動、さらには種苗生産・放流事業等栽培漁業を積極的に推進し、資源の維持・増大に努めてきたところである。
 しかしながら、暴力団等が関与する組織的密漁グループによるあわび、うに等の密漁は、依然として後を絶たない状況にあり、陸上、海上を問わず行われる密漁は、その手口も巧妙・悪質・広域化している。これは、都道府県漁業調整規則の罰則が軽いことから、密漁を防止できない状況となっているものである。
 ついては、農林水産省令と漁業調整規則では、対象とする漁法・漁船トン数や水産動植物の違いはあるものの、漁業取締りや漁業調整の重要性に鑑み、特に密漁に対する漁業調整規則の罰則強化については、農林水産省令並みに強化されるよう、その実現に向け衆議院・参議院議長、内閣総理大臣及び農林水産大臣に意見書を提出のうえ、強力に取り組まれるよう請願する。

●戻る●


BACK HOME