令和元年9月定例会 請願・陳情
(採択されたものは、内容をご覧いただけます。)

環境福祉委員会
受理番号 受理年月日 請願陳情の件名 議決結果 採択請願の処置
1 令和元年10月17日 被災地での福祉灯油の継続を求める請願  採択  送付


受理番号:1
受理年月日:令和元年10月17日

被災地での福祉灯油の継続を求める請願

(要旨)
 岩手に住む私たちにとって暖房は不可欠であり、灯油はその主力エネルギーとして欠くことができない生活必需品である。昨年の平均的な家庭の一冬の灯油負担額は8万6,000円を超える(いわて生協調べ、一冬平均960リットル使用)など4年間上昇し続け、家計の重い負担となっている。今年9月現在も、18リットル1缶で1,600円台という高価格が維持されている。
 こうした中、9月14日には日本の原油の4割を輸入するサウジアラビアの石油施設が攻撃され、供給不安や価格の高騰、また中東の緊張を理由にした便乗値上げも心配される。原油の高騰は、電気やガス料金にも影響し、私たちの暮らしはもちろんのこと、県内の事業者や生産者にまで大きな影響を与える問題である。
 また、10月1日からは消費税が10%に増税され、灯油価格も今以上に上昇する。
 岩手県は、8年連続で沿岸被災地を対象に福祉灯油への支援を実施してきた。震災から8年半が経過した現在も、応急仮設住宅等には1千人近い方が暮らし、厳しい生活を余儀なくされている。仮設住宅にお住まいの方がいる間は、福祉灯油のような温かい支援の継続が必要と考える。
 ついては、福祉灯油について、以下の施策をお願いする。

(請願項目)
県として、今年度も被災地での福祉灯油への支援を継続すること。




                                                                     BACK HOME