岩手県議会における政務活動費の取扱いについて

  本県議会では、平成15年度交付分から、当時全国で初めて、収支報告書に全ての支出に係る領収書等の写しを添付するなど、透明性の高い制度を構築してきました。
  この度、政務活動費に関し、「使用目的などの詳細な報告書の提出が義務付けられていない」旨の報道があったところですが、本県議会では、独自の方法として、政務活動費収支報告書に添付する「領収書等の添付様式」に、使途及び内容(実施期日、視察場所、相手方役職等)等を記載の上、提出することとしています。
  このことから、実質的には、使用目的などの詳細な内容について、書類として提出されているところです。
  本県議会では、引き続き、政務活動費の適正な執行と透明性の確保に努めてまいります。

            平成26年8月1日   岩手県議会議長 千 葉  伝


「政務活動費(政務調査費)収支報告書の公表」はこちら


【戻る】