地域資源活用による観光振興等調査特別委員会会議記録

地域資源活用による観光振興等調査特別委員長  岩崎 友一 

1 日時
  平成23年11月4日(金曜日)
  午後13時23分開会、午後13時44分散会
2 場所
  第4委員会室
3 出席委員
  岩崎友一委員長、佐々木努副委員長、佐々木順一委員、工藤大輔委員、
  喜多正敏委員、名須川晋委員、佐々木朋和委員、E下正信委員、神ア浩之委員、
  工藤勝博委員、小泉光男委員
4 欠席委員
  なし
5 事務局職員
  本多担当書記、関口担当書記
6 一般傍聴者
  なし
7 会議に付した事件
(1) 委員長の互選について
(2) 副委員長の互選について
(3) その他
次回の委員会運営について
8 議事の内容
○本多担当書記 私は、地域資源活用による観光振興等調査特別委員会担当書記の本多と申します。どうぞよろしくお願いいたします。
 特別委員選任後、最初の委員会でございますので、委員長が互選されるまでの間、委員会条例第7条第2項の規定によりまして、年長委員が委員長の職務を行うことになっております。
 出席委員中、喜多正敏委員が年長の委員でありますので、御紹介申し上げます。
 喜多正敏委員、委員長席の方に御着席をお願いいたします。
〔喜多正敏委員 委員長席に着席〕
○喜多正敏委員 ただいま御紹介いただきました喜多正敏でございます。なにとぞよろしくお願いを申し上げます。
 委員会を開きます前に、当特別委員会の担当書記を紹介いたしたいと思います。
 本多担当書記。関口担当書記。
 それでは、ただいまから、本日の会議を開きます。これより委員長の互選を行います。
委員会条例第7条第2項の規定により、委員長の互選の職務を行います。お諮りいたします。委員長の互選は指名推薦と投票のいずれかにより行いますか。
 〔「投票」と呼ぶ者あり〕
○喜多正敏委員 それでは、投票を希望する者がありますので、委員長互選は投票により行います。
 委員会室の閉鎖を命じます。
 〔委員会室閉鎖〕
○喜多正敏委員 ただいまの出席委員数は11人であります。
お諮りします。立会人に佐々木朋和委員、神ア浩之委員を指名したいと思いますが、これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○喜多正敏委員 御異議なしと認めます。よって、立会人に佐々木朋和委員、神ア浩之委員を指名いたします。
 投票用紙を配付いたします。
 〔担当書記が投票用紙配付〕
○喜多正敏委員 投票用紙の配付漏れはありませんか。
 〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○喜多正敏委員 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めます。
 〔投票箱点検〕
○喜多正敏委員 異状なしと認めます。念のため申し上げます。投票は、単記無記名であります。投票用紙に、被選挙人の氏名を記載のうえ、順次、投票願います。
 〔担当書記が投票箱を委員席順に持ち回り、最後に年長委員が投票〕
○喜多正敏委員 投票漏れはありませんか。
 〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○喜多正敏委員 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。
 開票を行います。佐々木朋和委員、神ア浩之委員、立会をお願いします。
 〔立会人が委員長席に集合後、開票〕
○喜多正敏委員 選挙の結果を報告いたします。投票総数11票、有効投票11票、無効投票0票。有効投票中、岩崎友一君9票、工藤勝博君2票。以上のとおりであります。
 よって、岩崎友一君が地域資源活用による観光振興等調査特別委員長に当選されました。
 委員会室の閉鎖を解きます。
 〔委員会室開鎖〕
○喜多正敏委員 ただいま当選されました岩崎友一君が委員会室におられますので、本席から当選の告知をいたします。岩崎友一委員長、委員長席へ御着き願います。
 〔年長委員退席、岩崎友一委員長、委員長席に着席〕
○岩崎友一委員長 ただいま皆様方の御推挙により、地域資源活用による観光振興等調査特別委員長となりました岩崎友一であります。
 皆様の御協力によりまして委員長の職責を果たしたいと存じますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。
 引き続いて、副委員長の互選を行いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○岩崎友一委員長 御異議なしと認め、さよう決定いたしました。これより副委員長の互選を行います。
 お諮りいたします。副委員長の互選は、指名推選と投票のいずれにより行いますか。
 〔「投票」と呼ぶ者あり〕
○岩崎友一委員長 それでは、投票を希望する方がありますので、副委員長互選は投票により行います。
 委員会室の閉鎖を命じます。
 〔委員会室閉鎖〕
○岩崎友一委員長 ただいまの出席委員数は11人であります。
お諮りします。立会人に名須川晋委員、E下正信委員を指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○岩崎友一委員長 御異議なしと認めます。よって、立会人に名須川晋委員、E下正信委員を指名いたします。
 投票用紙を配付いたします。
 〔担当書記が投票用紙配付〕
○岩崎友一委員長 投票用紙の配付漏れはありませんか。
 〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○岩崎友一委員長 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めます。
 〔投票箱点検〕
○岩崎友一委員長 異状なしと認めます。念のため申し上げます。投票は、単記無記名であります。投票用紙に、被選挙人の氏名を記載のうえ、順次、投票願います。
 〔担当書記が投票箱を委員席順に持ち回り、最後に年長委員が投票〕
○岩崎友一委員長 投票漏れはありませんか。
 〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○岩崎友一委員長 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。
 開票を行います。名須川晋委員、E下正信委員、立会願います。
 〔立会人が委員長席に集合後、開票〕
○岩崎友一委員長 選挙の結果を報告いたします。投票総数11票、有効投票11票、無効投票0票。有効投票中、佐々木努君9票、小泉光男君2票。以上のとおりであります。
 よって、佐々木努君が地域資源活用による観光振興等調査特別副委員長に当選されました。
 委員会室の閉鎖を解きます。
 〔委員会室開鎖〕
○岩崎友一委員長 ただいま当選されました佐々木努君が委員会室におられますので、本席から当選の告知をいたします。佐々木副委員長、ごあいさつを願います。
○佐々木努副委員長 ただいま御推挙いただきまして、大変ありがとうございました。不慣れではありますが、委員各位の御協力をいただきながら、委員長をしっかり補佐し、委員会の円滑な運営を進めてまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
○岩崎友一委員長 次に、当特別委員会の運営については、先の各会派政策担当者会議及び議会運営委員会における確認事項として、執行部には資料提供依頼にとどめ、基本的には出席を求めないこと、専門家等の参考人招致制度を活用すること、現地調査を含んだ調査内容とすることなどの申し合わせがなされておりますので御了承願います。
 また、今回がはじめての委員会ですので、今後の調査事項について、各委員にお考えがありましたら、率直に御発言いただきたいと思います。
 次回の委員会は、閉会中の1月に開催を予定しておりますが、次回以降を含め、御意見等がありましたらお願いします。
○神ア浩之委員 事務局にお尋ねするんですが、先ほど参考人招致等という話があったんですが、特別委員会に予算というのはあるんでしょうか。
○本多担当書記 ございます。
○神ア浩之委員 どのくらいありますか。
○本多担当書記 手元に細かい数値がないので、後ほど御説明させていただきます。
○喜多正敏委員 観光についてはですね、観光客は国内はもとより海外のすばらしい観光施設を吟味してきて、それでまた国内の観光地を見ているということで、大変目が肥えて厳しくなっていると思います。そして、国内にあっても激烈な競争のなかで、観光についてはイベントとか街づくりとか特産品とかいろんなことを組織的にやっているわけでありますけれど、ぜひ、参考人招致については国内の観光動向に詳しい方を慎重に選んで呼んでいただいて、その中で、勝ち抜き戦で勝てるような、そして、きちっとした観光地づくりが組織的に進められるような、そうした方をお招きしていただきたいと、希望でございます。
○岩崎友一委員長 他にございませんか。
 〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○岩崎友一委員長 それでは、ただいまの御意見等を踏まえることとしますが、次回の調査事項の詳細については、当職に御一任願います。
 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。本日は、これをもって散会いたします。


【戻る】