県土整備委員会会議記録

県土整備委員会委員長 工藤 勝子
1 日時
  平成22年11月2日(火曜日)
  午前9時33分開会、午後3時55分散会
2 場所
  第4委員会室
3 出席委員
  工藤勝子委員長、菅原一敏副委員長、及川幸子委員、千葉康一郎委員、大宮惇幸委員、
 菊池勲委員、岩崎友一委員
4 欠席委員
  亀卦川富夫委員、小野寺好委員
5 事務局職員
  葛西担当書記、大越担当書記、内宮併任書記、宮澤併任書記
6 説明のため出席した者
  なし
7 一般傍聴者
  なし
8 会議に付した事件
 (1) 請願陳情の審査(県土整備部関係)
   受理番号第98号「主要地方道紫波江繋線の自然保護地域内区間のルート変更を求
  める請願」
  開会後、主要地方道紫波江繋線の自然保護地域区間に移動し、現地調査を実施した。
9 議事の内容
○工藤勝子委員長 おはようございます。ただいまから、県土整備委員会を開会いたしま
 す。
 亀卦川委員と小野寺委員は、所用のため欠席となりますので、御了承願います。
 これより、本日の会議を開きます。本日はお手元に配付いたしております日程により、会議を行います。
 これより、県土整備部関係の請願陳情の審査を行います。受理番号第98号主要地方道紫波江繋線の自然保護地域内区間のルート変更を求める請願を議題といたします。
 本請願につきましては、前回の委員会におきまして、実際に現地の状況を調査してから判断すべきとの御意見があったことを踏まえ、継続審査とされたものであります。
 現地調査につきましては、本日、直ちに実施することとし、あわせまして、本請願の取り扱いにつきましては、当該調査の実施後にあらためて協議することとし、今回は、継続審査としたいと思いますが、さよう決定することに御異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○工藤勝子委員長 御異議なしと認めます。よって、本請願は、継続審査と決定いたしました。
 それでは、主要地方道紫波江繋線の自然保護地域内区間について現地に出向いて調査を行います。
 なお、本調査は現地調査でありますので、議事堂に戻った時点で散会とさせていただきますので、御了承願います。
 それでは、ただいまより議事堂の前より公用車に乗って現地に行きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 (「主要地方道紫波江繋線の自然保護地域内区間」現地調査を実施)


【戻る】