産業振興対策特別委員会会議記録


産業振興対策特別委員会委員長  小野寺 研一

1 日時 平成17年7月4日(月)
  午後2:57開会 午後3:05散会
2 場所 第三委員会室
3 出席委員
  佐々木一榮委員、川村農夫委員、新居田弘文委員、大宮惇幸委員、
 平野ユキ子委員、菊池勲委員、小野寺研一委員、平澄芳委員、亀卦川富夫委員、
 小原宣良委員、阿部富雄委員
4 欠席委員
  佐藤正春委員     
5 事務局職員
  小船担当書記 大崎担当書記
6 説明のため出席した者
  なし
7 一般傍聴者
  なし
8 会議に付した事件
 (1) 委員長の互選について
 (2) 副委員長の互選について
 (3) その他
   @ 次回の委員会運営について
   A 委員会調査について
9 議事の経過概要
○担当書記 わたくしは、産業振興対策特別委員会担当書記の小船でございます。よろしくお願いいたします。
 特別委員選任後、最初の委員会でありますので、委員長が互選されるまでの間、委員会条例第7条第2項の規定により、年長委員が委員長の職務を行うことになっております。
 出席委員中、菊池勲委員が年長の委員でありますので、御紹介申し上げます。菊池勲委員、委員長席に御着席をお願いいたします。
○菊池勲委員 ただいま紹介されました菊池勲であります。よろしくお願いいたします。
 委員会を開きます前に、当産業振興対策特別委員会の担当書記を御紹介いたします。小船担当書記、大崎担当書記。
 なお、本日は佐藤正春委員が欠席でございますので、御了承願います。
 それでは、ただいまから、本日の会議を開きます。これより委員長の互選を行います。
 委員会条例第7条第2項の規定により、委員長互選の職務を行います。お諮りします。委員長の互選は、指名推選により行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
(「異議なし。」と呼ぶ者あり。)
○菊池勲委員 御異議なしと認めます。よって、互選の方法は指名推選によることに決定いたしました。お諮りします。指名の方法については、当職において指名することにいたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
(「異議なし。」と呼ぶ者あり。)
○菊池勲委員 御異議なしと認めます。よって、当職において指名することに決定いたしました。産業振興対策特別委員長に小野寺研一君を指名いたします。お諮りします。ただいま当職において指名した小野寺研一君を産業振興対策特別委員長の当選人と定めることに御異議ございませんか。
(「異議なし。」と呼ぶ者あり。)
○菊池勲委員 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました小野寺研一君が産業振興対策特別委員長に当選されました。ただいま当選されました小野寺研一君が委員会室におられますので、本席から当選の告知をいたします。小野寺委員長、委員長席にお着き願います。
○小野寺研一委員長 ただいま皆様方の御推挙により、産業振興対策特別委員長となりました小野寺研一でございます。皆様方の御協力によりまして委員長の職責を果たしたいと存じますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。
 引き続いて、副委員長の互選を行いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
(「異議なし。」と呼ぶ者あり。)
○小野寺研一委員長 御異議なしと認め、さよう決定いたしました。これより副委員長の互選を行います。お諮りします。副委員長の互選は、指名推選の方法により行いたいと思いますが、御異議ありませんか。
(「異議なし。」と呼ぶ者あり。)
○小野寺研一委員長 御異議なしと認めます。よって互選の方法は指名推選によることに決定いたしました。お諮りします。指名の方法については、当職において指名することにいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
(「異議なし。」と呼ぶ者あり。)
○小野寺研一委員長 御異議なしと認めます。よって当職において指名することに決定いたしました。
 産業振興対策特別副委員長に新居田弘文君を指名いたします。お諮りします。ただいま当職において指名した新居田弘文君を産業振興対策特別副委員長の当選人と定めることに御異議ありませんか。
(「異議なし。」と呼ぶ者あり。)
○小野寺研一委員長 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました新居田弘文君が産業振興対策特別副委員長に当選されました。ただいま当選されました新居田弘文君が委員会室におられますので、本席から当選の告知をいたします。新居田副委員長、ごあいさつをお願いします。
○新居田弘文副委員長 ただいま皆様方の御推挙によりまして産業振興対策特別副委員長となりました新居田弘文であります。委員長を補佐し、円滑かつ公正な委員会運営を目指し、がんばりたいと思いますので、委員各位の御協力をよろしくお願い申し上げます。
○小野寺研一委員長 次に、特別委員会の運営については、先の各会派政策担当者会議及び議会運営員会における確認事項として、執行部には、資料提供依頼にとどめ、基本的には出席を求めないこと、専門家等の参考人招致制度を活用すること、現地調査を含んだ調査内容とすることなどの申し合わせがなされておりますので、御了承願います。
 次に、8月3日に予定されております次回の委員会の調査事項についてでありますが、御意見等ございませんでしょうか。
 特に御意見がなければ、当職に御一任願いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
(「異議なし。」と呼ぶ者あり。)
○小野寺研一委員長 御異議なしと認め、さよう決定いたしました。
 次に、委員会調査について、お諮りいたします。お手元に、委員会調査計画(案)を配付しておりますが、この日程により調査を行うこととし、調査箇所等の詳細については、次回以降の委員会において協議したいと思いますが、御異議ありませんか。
(「異議なし。」と呼ぶ者あり。)
○小野寺研一委員長 御異議なしと認め、さよう決定いたしました。
 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。
 本日は、これをもって散会いたします。

【戻る】