商工文教委員会会議記録

   商工文教委員長 樋下 正信

1 日時
  平成17年6月27日(月曜日)
  午後5時30分開会、午後5時40分散会
2 場所
  第3委員会室
3 出席委員
  高橋賢輔委員、佐々木博委員、野田武則委員、ザ・グレート・サスケ委員、
 工藤篤委員、樋下正信委員、平沼健委員、亀卦川富夫委員、斉藤信委員
4 欠席委員
  なし
5 事務局職員
  小船担当書記、野崎担当書記、岩渕併任書記、宮澤併任書記
6 説明のために出席した者
  なし
7 一般傍聴者
  なし 
8 会議に付した事件
 (1) 委員席の決定について
 (2) 委員長の互選について
 (3) 副委員長の互選について
9 議事の内容
○小船担当書記 わたくしは、商工文教委員会担当書記の小船でございます。よろしくお願いいたします。
 ただいまから、仮委員席を定めたいと思います。委員席の順序は、委員長席の左側の委員長席に近い席を1番とし、委員長席の右側の委員長席に近い席を9番とするようにしたいと思います。委員席を定める方法といたしましては、現在着席のままとする方法、抽選による方法などがございますが、現在着席のままとしてよろしゅうございますか。
(「よし。」と呼ぶ者あり。)
○小船担当書記 それでは、ただいま着席のとおりといたします。常任委員選任後、最初の委員会でありますので、委員長が互選されるまでの間、委員会条例第7条第2項の規定により、年長委員が委員長の職務を行なうことになっております。出席委員中、高橋賢輔委員が年長の委員でありますので御紹介申し上げます。
○高橋賢輔委員 ただいま紹介されました高橋賢輔であります。よろしくお願いいたします。委員会を開く前に、当商工文教委員会の担当書記を御紹介いたします。小船担当書記。野崎担当書記。岩渕併任書記。宮澤併任書記。
○高橋賢輔委員 ただいまから本日の会議を開きます。委員各位の委員席は、ただいま御着席のとおりに決定いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
(「なし。」と呼ぶ者あり。)
○高橋賢輔委員 御異議ないようでありますので、さよう決定いたします。これより、委員長の互選を行います。委員会条例第7条第2項の規定により、委員長互選の職務を行います。お諮りいたします。委員長の互選は、指名推選の方法により行いますか、それとも投票の、いずれによりますか。
(「指名推選」と呼ぶ者あり。)
○高橋賢輔委員 指名推選の声がありますので、互選の方法は指名推選によることに決定しました。お諮りいたします。指名の方法については、当職において指名することにいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
(「なし。」と呼ぶ者あり。)
○高橋賢輔委員 御異議なしと認めます。よって、当職において指名することに決定いたしました。商工文教委員長に樋下正信君を指名いたします。お諮りいたします。ただいま、当職において指名した樋下正信君を商工文教委員長の当選人と定めることに御異議ありませんか。
(「なし。」と呼ぶ者あり。)
○高橋賢輔委員 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました樋下正信君が商工文教委員長に当選されました。ただいま当選されました樋下正信君が委員会室におられますので、本席から当選の告知をいたします。樋下委員長、委員長席にお着き願います。
○樋下正信委員長 はい。(委員長席に着席後)ただいま、皆様方の御推挙により商工文教委員長となりました、樋下正信であります。皆様方の御協力によりまして、委員長の職責を果たしたいと存じますので、なにとぞよろしくお願い申し上げます。引き続いて、副委員長の互選を行いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
(「なし。」と呼ぶ者あり。)
○樋下正信委員長 御異議なしと認め、さよう決定いたしました。これより、副委員長の互選を行います。お諮りいたします。副委員長の互選は、指名推選の方法によりますか、それとも投票の、いずれによりますか。
(「指名推選」と呼ぶ者あり。)
○樋下正信委員長 指名推選の声がありますので、互選の方法は、指名推選によることに決定いたしました。お諮りいたします。指名の方法については、当職において指名することにしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
(「なし。」と呼ぶ者あり。)
○樋下正信委員長 御異議なしと認めます。よって、当職において指名することに決定いたしました。商工文教副委員長に亀卦川富夫君を指名いたします。お諮りします。ただいま、当職において指名した亀卦川富夫君を商工文教副委員長の当選人と定めることに御異議ありませんか。
(「なし。」と呼ぶ者あり。)
○樋下正信委員長 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました亀卦川富夫君が商工文教副委員長に当選されました。ただいま当選されました亀卦川富夫君が委員会室におられますので、本席から当選の告知をいたします。亀卦川副委員長、ごあいさつをお願いします。
○亀卦川富夫副委員長 はい。(起立後)亀掛川でございます。樋下委員長をしっかり補佐し、円滑、公平な委員会運営を目指し、頑張りたいと思います。委員各位のご協力をお願い申し上げ、ごあいさつといたします。よろしくお願いいたします。
○樋下正信委員長 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。本日は、これをもって散会いたします。御苦労様でございました。

【戻る】