このページの先頭へ

研修医の声

研修医の声

積み重ねた経験が
自信につながっています

確かな成長を実感

 将来的に地域医療に従事したいと考えているので大船渡病院を選びました。また、この地域の景色がとても気に入り、ここに住んでみたいと思ったことも決め手になりました。大船渡病院には若手の先生方が多く、なんでも気軽に聞けるのがいいですね。高齢の患者さんが多いことから頻度の高い疾患に対処する機会が多く、自信を持って臨めるようになってきました。自分の立てた診療計画がそのまま適用されると、成長できているのだと実感します。初期研修後も引き続き、ここで経験を積みたいと考えています。

冨澤 洋子 自治医科大学卒

とみさわ ひろこ
岩手県花巻市出身
臨床研修病院:岩手県立大船渡病院

手厚い指導体制のお陰で
毎日が充実しています

目指すのは地域医療

 いずれは故郷で地域医療の道に進みたいと思い、地元での研修を決めました。釜石病院には、岩手医大はもちろん自治医大出身の先生や震災をきっかけにこの地に赴任した先生も多く、研修医の指導も本当に熱心です。1対1で講義をしてくださったり、経験を積ませたいとの想いから、治療や手術の一部を任せてくださりと、毎日がとても充実しています。規模の小さな病院なので、搬送などで常勤の先生が不在のときには、科を越えて任されることも少なくありません。自分が戦力になっていることが嬉しいですし、やりがいにもつながっています。

千葉 貴之 秋田大学卒

ちば たかゆき
岩手県釜石市出身
臨床研修病院:岩手県立釜石病院

幅広い年齢の患者さんと
多くの症例に触れられます

学ぶ意欲も向上

 生まれ育った地域の皆さんに恩返しがしたいと思い、医師としての第一歩を故郷で踏み出しました。中部病院は患者さんの年齢層が幅広く、さまざまな症例に接することができます。先生方の指導も丁寧で、とても親身になって教えていただいております。2年次になってからはファーストタッチや手技をする機会も増え、自分が主力となって患者さんを担当することも。また、患者さんだけでなく、ご家族との関わり方や地域との連携、各種制度などにも配慮する先輩医師の姿を見て、もっと勉強しなければと自分の意識も変わってきました。

伊瀬谷 沙織
聖マリアンナ医科大学卒

いせや さおり
岩手県花巻市出身
臨床研修先:岩手県立中部病院

手技の機会にも恵まれ
実践的な経験を積んでいます

きさくで手厚い指導

 大学時代、実習などを通して東北の人の優しさや人当たりのやわらかさを感じ、東北での勤務を考え始めました。胆沢病院を見学した際、研修医に真摯に向き合う先生方の姿に、ここなら多くのことが学べると思い、この病院を選びました。実際その通りで、先生同士の垣根が低く、科を越えて何でも相談でき、すぐにフィードバックしてくださるのも嬉しい点です。また、研修医がそれほど多くないため、手技の機会にも恵まれています。基礎経験を積むには最適な病院だと感じ、初期研修終了後も継続して勤務したいと考えています。

新居 正季子 弘前大学卒

にい まきこ
埼玉県大宮市出身
臨床研修病院:岩手県立胆沢病院

自主性を尊重されることで
着実に力をつけています

緊張感ある最前線

 東日本大震災をきっかけに、地元岩手のために働きたいと強く思うようになりました。見学へ来た際に、研修医の先輩たちが救急外来等で最前線で診療にあたっている姿を実際に見て、磐井病院で研修することを決めました。この病院の先生方は、まずは自分でやってみろ、というスタンスで、研修医の自主性をとても尊重してくれます。緊張感はありますが、日々自分で考えながら患者さんに接することで、着実に力をつけられたと感じています。徐々に自信がつき、今では「体が覚えた」という実感が持て、以前より焦らず冷静に対応できるようになりました。

佐々木 健太 新潟大学卒

ささき けんた
岩手県大船渡市出身
臨床研修病院:岩手県立磐井病院

後輩に教えることで
もっと力がつきます

先輩医師の熱意を実感

 見学に訪れた際、先生方の熱心な指導と、先輩研修医が後輩に伝えようとする熱意に触れたことから中央病院に決めました。教わることはもちろんですが、後輩に教えることでも力がつく環境だと思います。また、失敗も含めた体験や珍しい症例など、研修医同士のコミュニケーションで情報が何倍にも膨らみます。実践を通して、自分は何に深く興味を持てるかという発見もあります。研修したい科の変更にも柔軟に対応してもらえるので、科を回りながら未来図を描いています。

及川 剛 東北大学医学部卒

おいかわ たける
山梨県甲府市出身
臨床研修病院:県立中央病院

子どもをもつ女医の
働き方も考えながら

先生方の配慮に感謝

 皆が社会人となる年齢で、医師を志しました。学生時代に第1子を出産、今は2人の母です。大学病院は指導体制が整っていること、学生時代から子どもがいることを理解している先生方がいらっしゃることで、研修がしやすい環境です。学生の頃から、レポートを昼休みに書くなど、時間をやりくりしてきました。大変な時期は続きますが、女性だから、子どもがいるからという理由で辞めずに長続きする働き方、あとの世代につなげられる働き方を模索中です。また、子どもの通院で患者の立場になるなど、母として得られる経験を仕事に活かせればと思います。

髙橋 今日子 岩手医科大学卒

たかはし きょうこ
山形県山形市出身
臨床研修病院:岩手医科大学附属病院

精いっぱい動くことで
多くのことを学んでいます

体で覚えて成長

 研修医が即戦力として、より必要とされる場であることから久慈病院を選びました。現在は、母校の大学院で学びながら研修を続けています。ここは、科が十分ではないなど、すべてが揃っているわけではありません。それだけに、精いっぱい手を動かすことで、多くを学べます。やる気になれば、いろいろな症例を診ることができるし、救急外来に対応するなどの経験を通じて体で覚えていけます。日々の実践から、判断力がつき、責任感も増しました。岩手は、学びやすい環境にあると思います。早く良い医師になりたいなら、岩手で学ぶことを勧めます。

栗原 康一郎 岩手医科大学卒

くりはら こういちろう
兵庫県姫路市出身
臨床研修病院:県立久慈病院

指導医の声

12の病院が連携し
県全体でサポートします

横断的な研修体制

 岩手県では12の病院が連携し、「いわてイーハトーブ臨床研修病院群」として初期臨床研修に対応しています。選んだ研修先だけでなく、研修先にはない科や学んでみたい先生のもとに出向き、連携する別の病院で一定期間、研修を受けることも可能です。このような横断的な研修体制は他県にはあまりない例で、県全体で臨床研修制度に取り組んでいる岩手ならではの特徴といえます。岩手の人はとても温かく、患者さんの優しさに助けられることもあります。医師としての第一歩を踏み出すには、最適な場所ではないでしょうか。

高い専門性が身につきます

 岩手医大附属病院は、岩手のターミナル的な病院です。ほかの病院で対応できなかった患者さんも多数、搬送されてきますので、診断から治療まで、専門性の高い最先端の医療を学ぶことができます。これまではプライマリーケアが手薄な状況でしたが、近年は研修医を主体とした1次・2次当直を始めており、プライマリーケアにも十分に取り組める環境を整えています。

谷田 達男

たにた たつお
岩手医科大学附属病院呼吸器外科
診療科部長
医師卒後臨床研修副センター長
[ 宮城県仙台市出身 ]

経歴
1979年
東北大学医学部卒業
1983年〜
東北大学大学院 医学研究科 修了
1983年〜
仙台厚生病院
1983年〜
いわき市立総合磐城共立病院
1985年〜
カリフォルニア大学
1988年〜
東北大学抗酸菌病研究所附属病院
(現・東北大学加齢医学研究所)
2001年〜
岩手医科大学附属病院

医療に対する
信頼が厚い土地柄です

 よくいわれることですが、岩手の人は皆、温かいですね。さまざまな経験を積み、多くのことを勉強する時期の研修医にとって、患者さん、医療スタッフ、その街に暮らす人たちから温かく迎えてもらい、その環境の中で学べるのは、とても有意義なことだと思います。患者さんたちの医療に対する信頼も厚く、優しく見守ってもらいながら医師としての経験が積める土地柄です。また、医師の数に対して患者数が多いため、都市圏の病院などと比べ、より多くの患者さんや症例に触れることができ、手技の機会も多いというメリットがあります。

病院全体で指導にあたっています

 中部病院は、指導医はもちろん、医療スタッフも含めた病院全体で、研修医指導に熱心に取り組んでいます。「皆で育てよう」という雰囲気があり、なるべく多くの患者さんに深く接し、手技も数多く経験してもらうことを研修目的のひとつにしています。研修医に対しても「先生」という態度で接してくださる患者さんの「ありがとう」という言葉も、研修医の力になっているようです。

小山田 尚

こやまだ のぞみ 岩手県立中部病院肝胆膵外科長 臨床研修科長 [ 宮城県仙台市出身 ]

経歴
1988年
金沢大学医学部卒業
1992年
東北大学大学院修了
1992年〜
気仙沼市立病院研修
1995年〜
ハーバード大学
1997年〜
東北大学第二外科(肝移植班)
2003年〜
岩手県立大船渡病院
2011年〜
国立病院機構水戸医療センター
2013年〜
岩手県立中部病院

HOME

MENU