自然公園の指定状況

公園の種類

公 園 名

指定年月日

面積(ha)

概     要

国立公園

十和田八幡平

S31.7.10

18,015

 当公園は、十和田八甲田地域と八幡平地域の二地域からなる山岳公園ですが、当県には八幡平地域が属しています。当地域は、八幡平、岩手山、秋田駒ヶ岳などの火山群で構成されており、これらの山麓には温泉も湧出し、本県を代表する温泉観光地となっています。また、各山岳地域にはコマクサやチングルマをはじめとした高山植物が咲き、多くの登山者が訪れています。

陸中海岸

S30.5.2

11,232

 岩手県の北部、久慈市から南部の陸前高田市そして宮城県の一部を含む海岸線の約180kmにもおよび、宮古市から北部は隆起性の段丘海岸、南部が沈降性の典型的なリアス式海岸となっています。特に北部は高さ50mから180mに達する海食崖や海食洞など、大規模な断崖と岩礁景観が連続する、わが国を代表する海岸景観です。

小    計

29,247

 

国定公園

栗駒

S43.7.22

14,575

 当公園は、栗駒山を中心とした栗駒地域、焼石連峰を中心とした焼石地域の2つの地域で構成されており、本県と宮城、秋田、山形の4県にまたがった公園です。栗駒山、焼石岳からは岩手山、早池峰山をはじめ蔵王連峰、月山、鳥海山など各県を代表する山々を一望できるほか、焼石地域のブナの原生林など、大自然にふれあうことができます。

早池峰

S57.6.10

5,463

 北上高地の中央部に位置し、早池峰山とその南に対峙する薬師岳を中心とした公園です。早池峰山と薬師岳の山頂は直線距離にして約3kmほどですが、早池峰山の地質は蛇紋岩、対する薬師岳は花崗岩であり、その植物群も異なっています。蛇紋岩植生の早池峰山にはハヤチネウスユキソウ、ナンブトラノオなどの固有種も多く、高山植物の宝庫となっています。

小    計

20,038

 

県立自然公園

花巻温泉郷

S36.5.8

1,587

 豊沢川、台川に沿って形成された花巻、台、大沢、志戸平、鉛、西鉛の各温泉地を核としており、その温泉湧出量、施設規模は本県でも有数です。また豊沢ダムによってできた人造湖、豊沢湖周辺は自然度も高く、自然探勝等の施設が整備されています。

久慈平庭

S36.5.8

1,844

 久慈川に沿った久慈渓流と、平庭峠を中心とした高原地域の2地域からなっており、それぞれ渓流景観、シラカバ林及びレンゲツツジの群落が美しく、自然を楽しむことができます。

外山早坂

S36.5.8

9,333

 岩洞湖を中心とした地域と、早坂峠を中心とした地域の2地域からなる公園です。岩洞湖の北西には美しい稜線を持つ姫神山があり、岩洞湖の人工美と姫神山の自然美が調和した景観を望むことができます。

湯田温泉峡

S36.5.8

1,534

 秋田県に接し、奥羽山脈を源にする和賀川に沿う狭長な地域であり、湯本、湯川の両温泉街を軸に、湯田ダムによってできた錦秋湖の景観を中心とした森と水の公園です。

折爪馬仙峡

S37.11.27

919

 折爪岳を中心とした地域と、馬渕川渓流沿いの奇岩女神岩、男神岩に代表される断崖景勝地を中心とした馬仙峡地域との2地域からなる公園で、折爪岳山頂地区は、国民休養地として指定され、利用施設も充実しています。

五葉山

S41.6.1

5,918

 北上高地南部の高峰五葉山とこれに接する大窪山一帯を地域とする公園で、五葉山はハクサンシャクナゲ、レンゲツツジの群落、コメツガの原生林が美しく、北限のホンシュウジカの生息地としても有名です。

室根高原

S49.6.4

1,495

 北上高地の南端、宮城県に接する地域にある室根山を中心とした公園で、頂上は展望にすぐれ、パラグライダーなどスカイスポーツのメッカとなっています。また国民休養地にも指定されています。

小    計

22,630

 

合          計

71,915

 

自然公園を利用する際はマナーを守り、美しい自然を守りましょう!
                    ↓  詳しくはこちらから
                マナー へのリンク  

コースマップは、こちらからご確認ください。
 早池峰山      栗駒山       焼石岳
     


自然保護課トップページに戻る