平成30年6月19日 情報提供(文、写真) 鈴木 清明


「第一ステージ」終盤、まだまだです!



 
つかの間の焼石岳の姿に 姥石平のお花畑!
 
姥石平分岐周辺の ハクサンイチゲさんたち!





昨夜は地元、やけいし館に宿泊して1年振りに山の師匠との再開を楽しみました。

上沼通過時にアカショウビンの、「キョロロロロ……」と尻下がりの囀りを

しっかり耳にすることができ、幸先のよい機運を戴きました。


 また、その他の野鳥では、サンコウチョウ、ビンズイ、キビタキ、カッコウ、ホトトギス、クロジ、

エゾムシクイ、メボソムシクイ、コルリ、アカハラ、ミソサザイ
等の囀りや姿を観ることが出来ました。






 
東焼石岳周辺のお花畑です!
 
東焼石岳周辺の花模様です!

大雪渓上方、スノーブリッジの崩落危機、 注意して通過下さい!

大雪渓注意して 山頂へ向かっています!




 

さて、姥石平・東焼石方面の花情報としては、ミヤマシオガマハクサンイチゲの花姿に衰えはあるものの、

大きく減少したようには観られません!一帯は、まだまだ十分な花の構成をなしています!(写真)

 個々の花を観ていきますと、ユキワリコザクラは殆ど観ることが出来ません。

一帯の主要な構成をなしています、
ハクサンイチゲは新たな開花も観られますが、

先発の花株は半分ほどの花びらが散っているものも観られました。

ミヤマキンバイの黄色、ミヤマシオガマの赤色の衰えが、見栄えとして些か見劣りの感は否めません!

ヒナザクラ、ムシトリスミレが見頃を、そして、ミヤマカラマツが新たに開花いたしました。




 
雪解け直後に姿を現した ミズバショウ!  
 
泉水沼も雪解けと供に 姿を大きくしています!
 
イワハゼ(アカモノ)が 咲き始めました!
 
ハクサンイチゲ まだまだこれからですよ!






登山道上でも、コバイケイソウ、オオバミゾホオズキ、イワイチョウ、キバナノコマノツメ、ハクサンチドリ、

ミヤマキンポウゲ
等々の花が、足下を賑わしておりますので、時には足を止めて一呼吸して下さい!

 注意です!大雪渓の一部は、氷と化しているところがありますので、
通過の際にはしっかり安全を確保して下さい!

(慣れていない方は滑り止め補助具の使用が安全でしょう。)


また、その上方部では、スノーブリッジが崩落寸前の所が観られます。

こちらも通過の際には充分安全を確認なされ、楽しい登山となりますよう願っています!





 
小さなチシマゼキショウ 間もなく開花です!
 
雪解けあとからイワイチョウが 咲き出しています!
 
ミズドクサ:ミズスギナの別名のように ツクシソックリですね!
 
見頃を迎えた オオバミゾホオズキ!



焼石連峰TOPへ戻る