平成30年6月15日 情報提供(文、写真) 鈴木 清明


「花の第一ステージ」ピークを越える!



 
花の大絨毯まだまだ観られます!
 
花の大絨毯まだまだ観られますよ!





中沼駐車場の車の多くは県外ナンバーで占められていました。

 本日は標高1,000m付近から上方は濃霧のようです!

中沼からの展望は、対岸の木々が見える程度で無風状態です。残雪を抱いた横岳は望めません!

銀明水上部の大雪渓は、固く引き締まって滑りやすくなっていますので、注意が必要です!

更に濃霧の中では、頼りとなります
鉄筋道標を確認しながら進むことをお勧めいたします!

姥石平近くの登山道(川)は、本日は殆ど水量はありませんでした。






 

登山道スノーブリッジが 崩落し始めてます!
 
濃霧の中 山頂目指す登山者!
(承諾済)


濃霧の中咲く水芭蕉群!

霧雨に濡れてます ヤマネコヤナギ!




 

姥石分岐では濃霧の中からハクサンイチゲの開花状態を垣間見ることが出来ました。

山頂へ向かっては、早朝には、秋田側の視界がよく
鳥海山などの眺望がよかったようです。

10時頃には、生憎の霧のため視界は不良でした。早々に9合目・
焼石神社側へと進みました。

 ミヤマダイコンソウやチングルマの花を眺めながらいますと、突然青空が現れ

焼石沼、三界山、南本内などが、霧の切れ間に垣間見ることが出来ました。

 その後は、再び濃霧の中で、東焼石、姥石平供に、幻想的なハクサンイチゲの花絨毯を楽しむことが出来ました。

本日は、生憎、帰路も濃霧の中での下山となりました。 

 ミズバショウ等々のように、広域で標高差(残雪)等々により、まだまだ観られます花が多くあります。







9合目分岐&南本内岳


 
ミヤマダイコンソウ 多く観られました!


エゾクサイチゴの開花です!
 
気品ある花 キヌガサソウ素敵です!






ハクサンイチゲ、ミヤマシオガマ、コイワカガミ、チングルマの一部は、峠を越えた感があります。

また、
ユキワリコザクラ、ミヤマキンバイ、イワウメの多くは終盤を迎えています。

ミヤマダイコンソウ、ミヤマカラマツ、コバイケイソウ、ミツガシワ、ツマトリソウ、ゴゼンタチバナ、

ハクサンチドリ、ワタスゲ、ヒナザクラ、ミヤマキンポウゲ、オオバミゾホオズキ
等々はこれからも観られるでしょう!

 花達が、一つの峠が越えようとしている時、次の花達が芽出しをして

準備している姿を目にすることが出来ます!楽しみです!





 
今年お初の オオバミゾホオズキ!
 
ジガバチソウ 咲きました!
 
モウセンゴケはそろそろ 活動開始のようです!


 
リュウキンカ水流と供に!



焼石連峰TOPへ戻る