平成30年6月2日・3日 情報提供(文、写真) 鈴木 清明


高総体山岳競技&山開き、「花の第一ステージ」直前!



 
山開きお祝いの締めは テープカットでOpenとなりました!
 
色の配色もよくなってきています姥石平!



高校総体山岳競技が当焼石岳を会場に行われております。

2日は
つぶ沼〜金山沢〜銀明水〜山頂までの往復コースを全装備で隊列行動が予定されています。


競技の障害とならぬよう中沼登山口から入山いたしました。

久しぶりに観る高校生の全装による隊行動は見事なまでに訓練されていました。

挨拶もきちんとなされ、清々しい思いをさせて戴きました。

これからも目的達成のため努力を重ねて下さい!指導者の皆様もお疲れ様でした!




各校4人1組の隊列行動、 統率され素晴らしいです! 

高総体山岳関係者銀明水へ 続々入山、一息入れてます。 


3日は山開きの神事がつぶ沼駐車場脇にある、「森とのふれあい施設」前で行われました。

今年は
焼石岳関係者高校総体関係者も入り相当数の人達で安全祈願がなされました。

祈願の祝詞、各関係者の玉串奉奠、ご挨拶後、ピッケル交換やテープカット等のお祝いで開山となりました。



 
ヒナザクラもようやく 咲き出しました!
 
ユキワリコザクラが 綺麗です!
 
3色を配した焼石岳!

こちらも3色を配してます! 



焼石岳つぶ沼コースから新緑眩しいブナ林を登山道脇の花や小鳥のさえずりを耳に山頂へ向かっていきました。

途中にはヒンヤリ冷たい銀明水で喉を潤し、一息入れて、大雪渓の中に姿を消していきました。

姥石平一帯は雲一つない青空の下
ハクサンイチゲユキワリコザクラ、ミヤマキンバイ、

ミヤマシオガマ
の大絨毯の花園に、多くの登山者達は息を呑まれていました。

ドウダンツツジ、ツバメオモト、ヒメイワカガミ、イワウメ、クロミノウグイスカグラ、オオバキスミレ、

ベニバナイチゴ、ヒナザクラ、チングルマ、サンカヨウ、ミネザクラ、シラネアオイ、タムシバ、リュウキンカ、

ミズバショウ、タケシマラン、ミツバオウレン、コヨウラクツツジ、オオカメノキ、コミヤマカタバミ、

ムラサキヤシオ、ナベクラザゼンソウ、ウゴツクバネウツギ、ツクバネソウ、コケイラン
等々の開花が観られました。
上沼の
コバイケイソウや稜線部のハクサンチドリの花芽がより大きくなっていました!



 
この3色は如何でしょうか?

ウゴツクバネウツギ 綺麗になりました。
 
チングルマも咲いています!
 
ヒナウスユキソウ もうすぐですね!



両日供に、多くの野鳥の声に癒やされてきました。

アオゲラ、サンショウクイ、アオバト、の囀りで迎えられました。

その他、
ウグイス、オオルリやコルリ、ミソサザイ、クロツグミ、マミジロ、ウソ、ツツドリ、

ホトトギス、カッコウ、メボソムシクイ、センダイムシクイ、エゾムシクイ、

キビタキ、イカル
等々の美しい囀りを耳にすることが出来ました。





イワウメの花が観られました! 
 
コケイランはひっそりと 登山道脇で咲いています!
 
私もソロソロ出番です! ギンリョウソウ




焼石連峰TOPへ戻る