平成29年11月13日 情報提供(文、写真) 鈴木 清明


白銀の装いへと…!


花が咲いたような霧氷群 
 
雪の花で覆われた横岳周辺 





本日も、正午前後は天候が良くなる予報、菅原特派員と 同行しての入山となりました。

 中沼登山口辺りから薄らと雪に覆われていました。中沼ではほぼ無風状態で、沼面はとても穏やかで鏡面に近い感じがあり、仰望する横岳を綺麗に写し出しています。

中沼過ぎた辺りから、積雪も幾分多くなってきました。上沼は日陰部の西側において、薄らと凍っているのを観ることが出来ました。

銀明水水場においては、薄らと雪化粧した様子が窺えました。





 

間もなく姥石平分岐です!

 

焼石岳・東焼石を望む(横岳より)


焼石岳山頂から鳥海山眺望


焼石山頂からの栗駒山遠望





1300m台の溶岩台地まで登りますと、空は雲一つない快晴状態で、木々には白く霧氷が発生、花が咲いたような美しい雰囲気を味わうことが出来ました。

気温が上昇して来ますと、10日の件もあり、折角の
綺麗な霧氷群が音をさせて落下しますので、少し早めに移動いたしました。

 前回は鳥海山は観る術はありませんでしたが、本日は横岳分岐で雲の中でしたが、山頂へ向かう内にその全容が現れて来ました!

山頂部はエビの尻尾が益々成長してきていました。





 
横岳山頂で絶景を楽しまれる登山者
※承諾済
 岩に発生したエビの尻尾の成長期
 
彩雲が確認されました!
 
鳥海山眺望





本日の目的地、横岳へ向かいました。山頂部とはまた違った趣があり、岩にへばり付くように発生したエビの尻尾は見事に成長し、

風の向きをそのまま表現した成長振りに、自然の趣を感じ採ることができました!

 今朝来る途中の、朝焼け、日中の彩雲、時折湧いてく る雲に幻想感を、

そして、登山道脇の小川に発生した飛沫氷(自然の造形美?)等を 眺めながら、本日も楽しませて頂きました。(感謝です!)






 
ウサギさんの形をした飛沫氷
 
飛沫氷に様々な顔が?
 
可愛い動物さんがいました


 
金ケ崎牧野の夜明け



焼石連峰TOPへ戻る