平成29年9月22日 情報提供(文、写真) 鈴木 清明


錦繍の彩りです!


午前中早い時間帯は、雲一つない真っ青の状態です!

早くみたい一心の気持ちを抑えながら山頂部を覗いています。

1400mのいわゆる溶岩台地は赤く化粧しているのが、中沼からも認識できます。

本日は東焼石岳方向へ、時間あれば、六沢山へ向かうつもりです。

 登山道では、ユキノシタ科のダイモンジソウ、エゾクロクモソウ、フキユキノシタ等が多く目に付きます。

その他は、疎らではありますが、オクトリカブト、エゾオヤマリンドウ、オニシオガマ、チョウジギク、シロバナトウウチソウ、

ウメバチソウ、ミヤマリンドウ、ハクサンイチゲ、ミヤマキンバイ等々が観られました。

実生ものでは、ツリバナ2種、タケシマラン、ヒロハユキザサ、アクシバ、コケモモ、マイズルソウ、サンカヨウ等々

色豊に実を付けています。

 

鏡面の中沼より横岳周辺

 

焼石溶岩台地の紅葉

 

ガスの切れ間から一瞬覗いた六沢山周辺


 

焼石岳北東部周辺の紅葉

 

横岳の紅葉&草紅葉

 

南本内岳を一望する紅葉


1,300m台の台地に上がりますと、横岳の紅葉が青空の中に、鮮やかな色彩で観ることが出来ます。

泉水沼、横岳分岐手前まで行って、分岐まで戻り、東焼石方面に足を運びました。

泉水沼では、若干風が出てきましたが、山頂下の紅葉が写し出され綺麗です。

 東焼石へ向かう当たりから、上空には雲が、下方からはガスが湧き出てくるようになり、望む六沢山周辺は、

雲の中で全く姿を見せてくれません!

昼食を採りながら、切れ間を待つことにしました。流れる雲合いをみながらカメラを向けました。

垣間見られた六沢山は、期待通りの錦繍の彩りでした。凹部の無名沼周辺の彩りも綺麗です。

紅葉はここ2〜3日くらいが見頃でしょう!

 

横岳の紅葉(泉水沼より)


泉水沼からの紅葉

 

東焼石岳北部の紅葉

 

六沢山・東焼石間凹部の紅葉

 

ハクサンイチゲまだ咲く

 

美しく輝くミヤマスナゴケ


焼石連峰TOPへ戻る