平成29年8月6日 情報提供(文、写真) 鈴木 清明


花の第2ステージ全開です!


今年の花の第2ステージは、例年に比べても、花数が多く大群落となり、見応えのある花畑を構成しています。

姥石平の群落を構成しています花々には、トウゲブキ、ハクサンフウロ、ハクサンシャジン、タチギボウシ、

ハクサンイチゲ、シロバナトウウチソウ、シラネニンジン、オクキタアザミ、ムカゴトラノオ、クルマユリ等が

地域によりそれぞれが数量や種類の組み合わせを変えて構成されています。また、横岳分岐の凹部では、

ハクサンイチゲの二度目の開花が見事な数量で、ここにハクサンシャジン、トウゲブキ、ハクサンフウロ等が

入り乱れたお花畑となっています。これらを写真として切り取るには、私の技術では困難と思えるほど難しいです。

 さらに、東成瀬コースの8〜9合目及び南本内岳途中の無名沼周辺の花々も群落を組み、素晴らしいお花畑を

作っています。東成瀬側はハクサンフウロ、イワオウギをベースとしてタカネナデシコ、クガイソウ、カンチコウゾリナ、

ハクサンサイコ等々が、また、南本内岳途中の沼周辺ではトウゲブキ、クガイソウ、オニシモツケ、ハクサンフウロ等々

が大きな塊となってみることが出来ます。ただ、ハクサンフウロは終盤を迎えています。



 

姥石平お花畑@

 

姥石平お花畑A

 

横岳分岐凹部のハクサンイチゲの群落@

 

横岳分岐凹部のハクサンイチゲの群落A




どのコースにしても、途中の登山道には秋の兆しを見せた花達の姿もあります。

シロバナカモメヅル、ミズギク、チョウジギク、イワショウブ、オニシオガマ、アキノキリンソウ、キオン、タカネセンブリ、

ミヤマリンドウ、エゾオヤマリンドウ、モウセンゴケの花、トモエシオガマ、エゾシオガマ、コイチヨウラン等々、列挙できない

ほどの花を観ることが出来ます。

 



 

無名沼周辺のクガイソウの群落

 

無名沼周辺のハクサンフウロ終盤

 

エゾオヤマリンドウ間もなく開花です!
 

タカネセンブリ神秘的色彩の蜜坪が素敵です





可憐なモウセンゴケの花

 
焼石岳と鳥海山にだけ咲く トウヒレン属のオクキタアザミ
 

中沼木道には熊さんの足跡がクッキリ表れています
 

登山道及び木道には熊さんの落とし物がたくさん観られますよ!


登山道上では、熊さんが活動した多くの軌跡を確認出来ます。入山に際しては、何らかの熊対策を考慮し、

装備と健康管理を意識して、楽しい登山となりますよう祈念しております。




焼石連峰TOPへ戻る