平成29年7月21日 情報提供(文、写真) 鈴木 清明


姥石平「第2ステージ」幾分早し!

   

姥石平のトウゲブキ等の様子

姥石平ハクサンイチゲ2回目の開花始まる!  


登山道の確認の傍ら、開花の状態を確認するため、中沼登山口から入山してみました。

本日は前線の影響により、午後から大気に変動(荒れ)があるということで、早い時間帯に入山いたしました。

中沼駐車場には、地元山岳会の方が、駐車場のライン引きやトイレの清掃をしていました。

何時もありがとうございます。感謝です!!

 

大雪渓上部のシナノキンバイ&融雪状況

 

大雪渓部気温との差により ガスが発生しています

 

可愛いモウセンゴケの花です!


今年は咲いてくれたショウキラン!

 
姥石平の花情報としては、トウゲブキ(黄色)を主体として、ハクサンフウロ、クルマユリ、ムカゴトラノオ、

シロバナトウウチソウ、ムカゴトラノオが僅かに観られる程度です。タチギボウシはまだ蕾の状態です。

天候にもよりますが、今月末くらいには、それぞれの花が目立ってくるものと思われます。

従って、現在の所は高フ草原に、トウゲブキの黄色が目立っています。

姥石平分岐に近い所では、ハクサンイチゲの2回目の開花が観られています。

 東成瀬8.5合目付近まで行ってみましたが、こちらの花々も幾分早いような気がします。

 

ムカゴトラノオ目立ってきました!

 

早朝の中沼、朝露に濡れるミズドグサ

 

ミヤマリンドウ咲き始めました!

 

融雪間もないヒナザクラの群落


雪渓の残雪も大分減少してきました。それに伴い、それらの付近では、待ちかねたように、春の花が咲き出しています。

この事により、登山道上、多くの種類の花に出会うことが出来ます。

さらに、出番待ちの花もあり、今月末くらいからが、とても楽しみです!

大雪渓の雪はまだ残っています。地元山岳会関係者がステップを刻んでいますが、この所の気温の上昇で

角が取れてきていますし、氷の表面を溶けた雪が水となって流れている状態で、通過の際には十分気をつけて下さい。

 残念なことです!中沼手前のショウキランが盗掘に遇いました。

(写真)7月7日には、登山道にはみ出していた、ショウキランが踏み付けられ、茎が折れ、今年の開花はありませんでした。

花を観ることを楽しみに、全国から沢山の愛好者が来ていることを、忘れないで欲しいと思います。

 
 ショウキラン盗掘される!



焼石連峰TOPへ戻る