平成29年6月30日 情報提供(文、写真) 鈴木 清明


花の第一ステージ終盤!


焼石岳の表看板、姥石平周辺のハクサンイチゲ等々の花絨毯は、ほぼ終盤となりました。

 多くの登山愛好者に、多くの感激を与えてくれた、花々の姿が消えていくのは、とても寂しいことではありますが、

また来期、再び会うことが出来ることを祈っています。花々に感謝です!

 絶え間なく進む時間、次のステージを飾る花々達が、咲き或いは準備が進んでいます。

第2ステージの花々に対して、大いなる期待を寄せていきたいものです!

 (18日)
 (30日)
姥石平の花模様


 
ミヤマダイコンソウ咲く!
 
山頂より西方を望む


本日も、多くの花に出会うことが出来ました。

まだ観られています花には、ハクサンイチゲヒナザクラサンカヨウシラネアオイコイワカガミベニバナイチゴ

ツバメオモトタケシマランムラサキヤシオウゴツクバネウツギゴゼンタチバナオオバキスミレキバナノウマノツメ

ミヤマカタバミツマトリソウツルキツネノボタンタニギキョウサワハコベコバイケイソウミヤマダイコンソウ

ノウゴウイチゴジガバチソウ等々です。

また、咲き始め或いは当分の間、観られそうな花には、オオバミゾホオズキミツガシワイワイチョウハクサンチドリ

イワハゼムシトリスミレオノエランチングルマミヤマカラマツリュウキンカウラジロヨウラクタニウツギ

ヤグルマソウギンリョウソウ等々を挙げることができるでしょう!

 
まだ咲いていますヒナザクラ
 
ワタスゲが綺麗でした!


 
イワハゼ(アカモノ)咲く!
 
オノエランの季節となってきました


間もなく開花が予想できる花々もあります。ヒオウギアヤメモミジカラマツネバリノギランミヤマキンポウゲ

などの花がボチボチ観られるようになってきています。

この花々が、後生までも観られますよう、自己中心的にならず見守って行きたいものです!

 
コケモモの花咲く!
 
中に入って写真撮りたいのですね……!


焼石連峰TOPへ戻る