平成29年6月17日・18日 情報提供(文、写真) 鈴木 清明


花の第1ステージ全開!

 

姥石平の花々(1)

焼石岳姥石平周辺の花々は現在、第1ステージ真っ盛りです!

ハクサンイチゲを中心として、ミヤマキンバイミヤマシオガマユキワリコザクラヒナザクラ

チングルマムシトリスミレコイワカガミ等々の花が今を盛りとして、咲き誇っています。(一部写真)

 途中登山道上でも、オオバキスミレウラジロヨウラクコバイケイソウハクサンチドリシラネアオイサンカヨウ

ナベクラザゼンソウリュウキンカ、尾根沿いでは、クロミノウグイスカグラコメバツガザクライワウメ

フデリンドウコケモモ等も観られています。


姥石平の花々(1)

 
 

東焼石から横岳方向を望む!

 
東焼石側より横岳を望む

鳥海山眺望


横岳方向から焼石、 南本内岳を望む

この2日間で訪れた登山者は、当方がカウントしただけで530人、中沼駐車場は両日とも早々に満杯となりました。

17日には6時頃には駐車場は駐車スペースはなくなりました。多くの方々には、かなり下方の林道の路肩に止めざるを得ない

状態となり、大変ご迷惑をお掛けいたしました。

 17日は、山頂付近はガスに覆われ、視界のない状態が続き、花の背景がなく、残念な気持ちで帰られたようです。

翌18日は、視界も良く、雪を抱いた鳥海山、北には岩手山・早池峰山、東に五葉山・室根山、南は栗駒山や月山まで

眺望出来ました。多くの登山者の方々は、一面の花に満足して帰られたようです

 

チングルマも見頃となりました

 

盗掘跡1

 

クロミノウグイスカグラ 沢山咲いています

 

ミヤマシオガマの変色!?

この様に、多くの方々が、入山されたことにより、以前より不安定であった木道など、

破損箇所が多く観られるようになってきました。暫くはこの様な状況が続くと思われますので、

歩行の際には十分注意して通行なされますようお願いいたします。
 
銀名水上方には、まだまだ大量の積雪がありますので、注意をして通行して下さいますようお願いします。

 残念なことには、東焼石方向において、盗掘跡が確認されました。

また、駐車場において大型犬の入山を注意したにもかかわらず、姥石平を同伴で散歩なさっていた愛犬家がいましたことは、

非常に残念です。また、登山口に駐車された方がいましたが、その影響で、登山口が見えず、金明水方向へ進んだ方々、

グループがありまして、1時間以上のロスをだし、難儀なされた人達がいました。

緊急車両用スペース枠を外して駐車された方等々、自己中心的になりがちですが、

皆さんのことも考えて、楽しい山行となりますようお願いいたします!



焼石連峰TOPへ戻る