平成29年6月4日 情報提供(文、写真) 菅原 壮



焼石岳 情報

 
蕾のフデリンドウ


生憎の雨天 しかも風が強く山開き神事行事は屋内で行われました。

終了後それぞれ、つぶ沼登山口・中沼登山口より50〜80名程生憎の天候でしたが、残雪を踏みしめ山頂を目指しました。

生憎の悪天候 登るにつれ風雨が強くなり山頂は断念!

銀明水避難小屋で休憩後大半の登山者は下山いたしました。

銀明水まではどちらコースも分岐付近までは夏道が殆ど現れ不明点は少なくなりました。

大きな雪渓が2箇所有ますが雪が硬くしまってきましたので、急斜面がありますので滑落には気をつけて下りましょう。



 
上沼上部の沢を行く登山者
 
沢沿いに見られた ナベクラザゼンソウ
 
つぶ沼分岐点の残雪状況
 
崩落した橋の袂



登山道沿いには色々な花が観察できます。上沼では今年はコバイケイソウが沢山蕾をつけていました。

姥石付近のハクサンイチゲユキワリコザクラミヤマキンバイミヤマシオガマヒナザクラ等の花々は

今週末辺りが見ごろと思われます。

銀明水手前の沢 「渡渉地点一部崩落箇所」があります気をつけてわたりましょう。

 
雨に濡れたツバメオモト
 
ミズバショウ咲く中沼を下山



 



焼石連峰TOPへ戻る