平成29年5月30日・31日 情報提供(文、写真) 鈴木 清明


間もなく山開きU!

30日は、避難小屋の水洗トイレへの切換と便器等々の清掃及び雪渓ルートの確認・調整。

31日はその後のトイレの確認、姥石平・東焼石方面のルート確認をしてきました。

水洗トイレの取水口確認したところ、第2水槽の鉄板蓋と木製蓋が取り払われ、水槽の中に枯葉等ゴミが入っていました。

蓋はしっかり閉めてもらわないと、パイプが詰まりトイレが使えなくなります。

もし、悪戯であれば、多くの方々に迷惑が掛かりますので、止めて下さい!

 
焼石岳を背景に咲く花々
 
姥石平に咲くハクサンイチゲ



 
登山道川のようです
 
蓋が開けられっぱなしの
トイレ取水口


花どころの姥石平の花々は、かなりの数で咲き出してきました。

今一番の見頃はユキワリコザクラミヤマキンバイミネザクラでしょうか!

大群落を作る焼石岳の表看板「ハクサンイチゲ」は満を持して咲き出してきました。

中旬頃までに、その数を増やし大群落を作ってくれるものと楽しみにしています。

31日に入山された方も「これ程咲いているとは!」と大満足の様子でした。

今後は、ヒナザクラミヤマシオガマミヤマダイコンソウチングルマの花 等々が続いて咲き出すでしょう!

今年は、暫くお休みしていましたコバイケイソウの花芽が開き始め、楽しみの一つとなるでしょう!


ヒナザクラ咲き出しました

久しぶりに観られる コバイケイソウの花  

イワウメも咲き出しています


 

ヤマアカガエル&卵

 
銀明水に棲む
ハコネサンショウウオの幼体


登山口から山頂まで色んな花咲き出しています。例えば、ミズバショウのように標高の低いところで終盤の花は、

中程で満開とかと、標高差により、開花時期が異なってきますので、これも一つの見所でしょうか!

多様な見方が出来るものと思います!お楽しみ下さい!

尚、雪渓は今後固く引き締まってくるものと思われますので、滑り止めの準備や雪解け水で川状になっている場所もあります。

万全の準備をなさって入山されることをお勧めいたします。

熊さんの気配も登山道上に出てきましたので、ご留意下さい!

 

喉の紅色が美しいウソの雄

 
雪渓を素足で登る セアカツノカメムシ



焼石連峰TOPへ戻る