平成29年5月27日 情報提供(文、写真) 鈴木 清明


間もなく山開き!

 本日は4日(日)の山開きの準備(避難小屋のトイレの切換)と併せて

つぶ沼コース及び中沼コースの各ルートの点検をしてきました。

残雪部と夏道との繋がりで、コースを外すことのないよう確認して歩きました。

例年、中沼・つぶ沼分岐周辺で迷っている方が見受けられます。

中沼・つぶ沼分岐情報:○印にコース名が表示
 

分岐点には、各コース供に白地に黒でコース名を記載した布を表示してあります。

(写真)特にも、帰路における、コースの間違いには、くれぐれもご注意下さいますようお願いします!


金山沢渡渉点
 
上沼から
 
美しい高ノ包まれた石沼
 
 
銀明水前の
ミズバショウ群生地
 
残雪・新緑・青空・
新鮮な空気:最高!

 
 

大雪渓には鉄筋にカラーテープで道標を付けてありますので、濃霧等の時には確認しながら進んで下さい。

一部においては、ルート上に紅殻を播いて、道標とする予定でいるようです。

 
サンカヨウの花言葉:
親愛の情、幸せ、清楚な人……
 

雨に濡れるホウチャクソウ

 
ユキザサホウチャクソウオオカメノキタムシバタケシマランシラネアオイムラサキヤシオリュウキンカ他、

が銀明水までの間に咲いていました。雨の中では野鳥たちも多くは活動してませんでしたが、

時折、ツツドリヒガラが鳴いていました。

帰路の雨上がりの青空にカッコウホトトギスが爽やかに囀っていました。
 
仏炎苞が開いてきたナベクラザゼンソウ
 
 
日に照らされたタムシバの内部



焼石連峰TOPへ戻る