平成29年4月30日 情報提供(文、写真) 鈴木 清明 


残雪の焼石(中沼コース)





1300m台の夏道 現れ小川となる


   

左横岳、奥焼石岳

左焼石岳、右東焼石岳


中沼登山口手前の積雪期限定のコースを中沼まで入りました。

中沼は20%位の解氷状態です。

 
 中沼から


獅子ガ鼻・横岳方向は青空の中にクッキリと望まれています。

中沼の西側の解氷帯では、ミズバショウリュウキンカが間もなく開花状態です。

上沼は約80%が解氷され、水面に対岸上方の景色が映し出されてとても綺麗でした。

分岐点手前(中沼手前でも)では、突然、野ウサギが跳びだして、我々を慌てさせたり、

雪の保護色に伴い判別に困惑したりと楽しませて頂きました。


 
ウサギさん 雲隠れの術、どこっ?


滾々と湧き出る銀明水、渇いた喉を潤すには十分すぎるクールな感触でした。

大雪渓を過ぎ、横岳裾野を通り泉水沼へ行こうとしましたが、雪面が切れ、夏道へ戻りました。

姥石平手前の1300m台で夏道が現れ、小川となっている場所があります。

その周辺では踏み抜けが起きていますので、注意が必要です。

また、愛知県から来たスキーヤーの方々は、小川の手前から滑走を開始していきました。

   
脱兎のごとく3m以上 の大ジャンプでした!  中沼の リュウキンカ咲き出し



中沼登山口からのコースは未踏の状況です。

所々にリボンが付いていますが、間隔が長いのでコース取りには注意が必要でしょう!

本日は夏鳥のオオルリエゾムシクイメボソムシクイヤブサメ

留鳥のヤマガラヒガラカケスミソサザイなどの囀りを耳にしたり、

姿を収めようと必死にレンズで追いかけたりと楽しませて頂きました。



焼石連峰TOPへ戻る