平成30年1月20日 情報提供(文、写真) 小原 昭彦


栗駒山 〜展望岩頭までスノーシューでトレッキング〜



一関市街地から望む須川岳
 
栗駒から見える早池峰山と薬師岳





1月中旬にしては貴重な移動性高気圧に覆われた栗駒山。体調を整え、冬山装備と登山計画を万全に準備したうえで、

宮城県側からいわかがみ平を経て秋田県境の展望岩頭までスノーシューで歩きました。

除雪されている旧いこいの村駐車場には、仙台・宮城ナンバーや平泉・岩手ナンバーの車が数台停めてあり、

スノーシューや山スキー、あるいはスノーボードを担いで栗駒山を目指していました。






 
山形県の月山もはっきり見えました 
 
笊森避難小屋

八幡平(右)と秋田駒ヶ岳 (女岳の雪溶け)




山頂北側の強風地帯に3時間かけて歩くと、霧氷の「エビのしっぽ」の発達が多く見られました。

そこからは遠く八幡平や岩手山、早池峰山、月山、蔵王など、東北の主要な名峰がくっきり望まれました。

また、秣岳の天馬尾根にあるオオシラビソ(アオモリトドマツ)の群落は、小さいながらも立派な樹氷原となっていました。






須川湖と剣岳は静穏でした 
 
焼石岳の彼方には岩手山
 
冬季休業中の須川高原
 
エビのしっぽ大群落





積雪深は平年並みと見られ、かなり締まってきていますが、これからは雪崩が発生する時期なので

雪崩が発生しそうな急斜面とその下には近寄らないようにしなければなりません。

また、この時期の高気圧は移動性なので、晴天でもすぐに風が強くなったり雲やガスが湧いたりして急変します。

栗駒山は他の山に比べるとそれほど高い標高ではありませんが、

周囲に遮るものがない単独峰なので、気象変化が著しいように思います。






 
秋田県境の展望岩頭の向こうには 虎毛山や神室連峰
 
秋田県の吹突岳と泥湯三山 (高松岳、山伏岳、小安岳)





 
秣岳・天馬尾根コース
 
しろがね草原の樹氷原

天馬尾根の樹氷群

冬籠りの須川紅葉斜面
    





栗駒山TOPへ戻る