平成29年6月17日 情報提供(文、写真) 小原 昭彦


栗駒山〜天馬尾根(しろがね草原)縦走

 
一関から見た須川岳(栗駒山)
 
イワイチョウ


天狗平から秣岳方面は人が少ないので、熊鈴とラジオを鳴らしながら歩きました。

展望岩頭にはイワウメミネズオウ、しろがね草原にはヒナザクラタテヤマリンドウが咲き誇っていました。

新緑の中では、点在するムラサキヤシオツツジの色が目立っていました。

 
イワウメとミネズオウ
 
オオバキスミレ



 
コイワカガミとミツバオウレン
 
ショウジョウバカマ


ミツバオウレンミヤマキンバイコイワカガミツマトリソウショウジョウバカマオオバキスミレ

ミネザクラオオカメノキイワイチョウも、それぞれ場所は違えど数多く見られました。





 
タテヤマリンドウ(白花)
 
ヒナザクラ
 
ムラサキヤシオツツジ
 
昭和湖と地獄谷


5月の山開き以来の登頂になりますが、終日、ガスに見舞われたものの、風が弱く気候がよかったので、

山頂では多くの登頂者でにぎわっていました。暖かい地方から栗駒の高山植物を目当てにいらしている方も多いようですが、

まだ雪渓が残っていて、登山道沿いは雪解け水や泥濘もある ので、足元には十分注意して、

絶景や高山植物を鑑賞したいものです。いつもならうるさい虫も少なくて、快適な山歩きが楽しめました。

 
須川高原




栗駒山TOPへ戻る