平成29年5月28日 情報提供(文、写真) 鈴木 清明



雨の栗駒!

 
昭和湖湖面現れる

当初の天気予報では、晴れる予定でしたが、山道に差し掛かる辺りからワイパーが必要となってきました。

ビジターセンターの軒下を借りて、雨具等の準備をして出発です!
 
徐々に雨脚が強くなって来ましたが、そのまま進みました。

花魁コース辺りから雪渓が見られ、ガスった中の名残が原には
ショウジョウバカマが観られます。

ゼッタ沢の雪渓の端の方は踏み抜けそうな感じで、
注意が必要です!

 
霧の中の山頂



賽の河原と剱岳


昭和湖ガスって薄らと確認出来ます。胸突坂急勾配の階段が小川となっています。間もなく雪渓歩きとなります。

賽走りの下部の方は笹竹等に
ピンクテープが目印となり、手頃な間隔で取り付けられていました。

上部は雪渓が二手に分かれていましたが、道標の間隔が長くしかも1箇所が倒れて見えず、

薄らと観られた紅殻を辿っていきましたら、そこは行き止まりでした。

少し藪を漕いで道を探しましたが、見つからず一旦元に戻り、付近を探しましたら、

30cm足らずの竹(
ピンクテープ付き)が倒れていました。我々の他2組の方も同時に探し方に協力してくれました。

(帰路、後続の方々にはこの事を連絡いたしました。)

天狗平辺りから、風が出て、気温も低下してきたように感じました。

山頂です!宮城県側の中央コースから次々と登山者が登ってきます。



   

 

クロウスゴの花
 
ミネザクラ
あちこちで満開です



ミネズオウ
咲いてました  
 
モンローリップ
(硫黄苔の花)


秣岳を周り帰る予定でしたが、ガスって何も見えず、その上風もあり寒い、このままピストンすることにしました。

帰路、苔花台・名残が原付近でようやく日差しが感じられるようになり、時間の悪戯を嘆きました。

途中の登山道脇では、
素敵な花々に遇え、本日も感謝です!

 
イワナシの花咲く
 
コメバツガザクラ(赤系)


 
ショウジョウバカマ(白系)



栗駒連峰TOPへ戻る