令和3年11月21日 情報提供(文、写真) 岡野 治


初冬の岩手山





先週末は内陸でも好天に恵まれたので、初冬の岩手山雪景色を見てくることができました。

馬返し登山口から往復しましたが、朝7時の馬返し登山口駐車場には、約40台の駐車車両があり、

この時期にしては多くの人が岩手山に向かっていました。







お鉢から南側(不動平・鬼ケ城と奥に秋駒)


山頂から南側のお鉢





登山口から4合目までは、積雪はほとんどなく、4~5合目間の岩場(石パネ)を登っていくと積雪が現れてきて、

5合目から上部は一面雪の斜面となっていました。表面は少し柔らかかったものの、

その下の雪は固くなっている箇所もあり、軽アイゼン等の滑り止めが必要でした。

下から眺めても5合目から上部は白い斜面となっていましたが、積雪は予想よりも少なく、

8合目から上部でも、吹き溜まり箇所を除けば20~30㎝程度で、雪面も固く、

念のため持っていったワカンは不要でした。






登山口駐車場から岩手山


4~5合目間の石パネ


7合目上から8合目方面


8合目小屋前から9合目方面





歩けば汗ばむ好天でしたが、お鉢に上がると冷たい風が吹いており、

お鉢にある石像には1mもあるエビのシッポがついていました。強風環境の厳しさが感じられます。

山頂には八幡平市山岳協会により設置された山頂表示板がありますが、

エビのシッポの重みに耐えらなかったのか、根元から折れていました。

先週も来たという人の話しでは、今週折れたとのことです。晴れていた天気は雲が多くなって、

近くの秋田駒ケ岳や八幡平は綺麗に見えたものの、遠くの早池峰山や森吉山は霞んでいました。







9合目上からお鉢斜面


お鉢斜面から不動平俯瞰


お鉢上の石像についたエビのシッポ


折れた山頂の表示板





登山口にある鬼又清水は冷たい水が流れており、8合目御成清水も雪の下から汲めました。

8合目小屋内のトイレは利用可能ですが土足禁止です。9合目不動平小屋のトイレも利用可能ですが、

出入口は2階の冬季扉です。登山口のトイレは冬期閉鎖されていますが、下の駐車場にあるトイレが使えました。






岩手山TOPへ戻る