令和3年9月15日 情報提供(文、写真) 鈴木 清明



野山の錦、到来!





県内では、紅葉前線の到来が早いと言われている三ツ石山!

毎年、9月15日を観察日と決めて入山し、紅葉の錦の程度を観てきました。

「今年は如何に!」はやる気持ちを抑えながら、奥産道の道を辿って行きました。







雲の切れ間に浮かぶ三ツ石山、
その周辺の秋色!


一瞬観られました青空と錦に囲まれた
三ツ石山!





岩手山は濃霧に包まれ、裾野からその姿を現してくれません。

ヒンヤリした濃霧の流れに、時折垣間見られます辺りの様子から、色付き始めました木々の姿が観られました。

4割程の紅葉という所でしょうか。今年は早い!と感じました!

周辺にいます登山者からは、「綺麗!」という感嘆の声が頻りと聞こえてきました。

想像するに、23日頃は秋色も深まり錦となり、相当の人出となるのでしょう!

午後になり、ガスも切れ始め、辺りが広く観られるようになってきますと、日ざしも伺え、

彩りも深くなり綺麗に観られました。しかし、濃霧の流れは思ったよりも速く、次々と流れ込んできますので、

シャッターチャンスに苦慮いたしました。







ナナカマドの実を沢山付けました!


押し寄せる波のような濃霧、
覘標の台はあっという間に……!


小畚への道、稜線の錦の始まり!


濃霧の切れ間から垣間見られた
松川側の紅葉





奥産道ではクロバナヒキオコシやサワアザミ等が、避難小屋を過ぎてからはエゾオヤマリンドウ、

シロバナトウウチソウ等々が、そして、ナナカマド、ヒロハツリバナ、シラタマノキ、アカモノ、

ガンコウラン、コケモモ等々の実生が観られました。

また、ハヤチネフキバッタ、クジャクチョウ等の昆虫類も観られ、ビックリしたのは、

アズマヒキガエル が道路まで出て来て、両手をついて迎えてくれました。






濃霧に包まれ幻想的な三ツ沼


紅色したシロバナトウウチソウ!


実を沢山付けましたガンコウラン!


ご丁寧にも両手着いてお出迎えの
アズマヒキガエル君!



岩手山TOPへ戻る