令和3年7月31日 情報提供(文、写真) 岡野 治


網張から岩手山





網張登山リフトを利用して、鬼ヶ城コースを登り、お花畑コースを下る西岩手一周コースを歩いてきました。

リフト終点の標高は
1,300mを超えるので、暑いこの時期でも比較的涼しい山歩きができるコースです。

好天の予報に期待して登りましたが、朝9時頃までは天気良かったものの、その後は、霧に被われることが多く、

午後2時頃からは、小雨 も降ってきてしまいました。ただし、怖い雷鳴は聞こえませんでした。

まだ視界が良かった犬倉山~姥倉山間では、雲海上に早池峰山、鳥海山が臨めましたが、

霧の中の鬼ヶ城では、期待の展望は得られませんでした。







姥倉山のタチギボウシと岩手山 (まだ晴れていた)


雲がわく岩手山(姥倉山東側)





姥倉山から不動平間では、高茎植物のヨツバヒヨドリ、モミジカラマツ、トウゲブキ、シロバナトウウチソウ
アザミ類の花が見頃となっており、不動平からお鉢・山頂間では、イワブクロ、イワギキョウが満開でした。

鬼ヶ城とお鉢では
コマクサもまだ咲いていましたが、枯れはじめのものが多くなっていました。

今年は当たり年だった
コバイケイソウは、お花畑で群生が見られものの、

花は終わって、実と葉が黄葉状態でした。

針葉樹林帯の中では、
サンカヨウの青い実、ベニバナイチゴの赤い実が目立ち、

結実の季節も始まっているようです。







霧の中の鬼ヶ城コース


鬼ヶ城の花とコース


不動平南側の花とお鉢斜面


お鉢斜面を登る多くの登山者





馬返しコースと合流する不動平から山頂間では、多数の登山者が登っていました。
山頂では、涼しい風の中で昼食とる人とトンボ(まだ黒いアキアカネ)が多く見られました。

網張登山リフトは、週末のみの運行で平日は利用できません。

リフト終点から岩手山までの標高差は少ないものの、距離があります。

稼働時間は朝7時から17時までなので、標準コースタイム以内で歩ける人でないと、

山頂往復するのは無理があるようです。

網張登山リフトを利用していた人も、車を馬返し登山口においてから網張に来て、

馬返しに下山する方が多いようです。







お鉢南側からイワブクロと山頂


お鉢内で見られたイワギキョウの群生


お花畑の花と黄葉


アザミの蜜を吸うクジャクチョウ2頭



岩手山TOPへ戻る