令和3年2月27日(金) 情報提供(文、写真) 阿部 丕顕



好天の鎌倉森


好天に誘われて網張上部の鎌倉森(標高1,316.9m)に登ってみました。

「三寒四温」のこの頃ですが、この日は網張付近で
氷点下10℃新雪が10p程度でした。

鎌倉森は近年、雪山体験のフィールドとして大人気。

標高差約567mですが、上部は部分的に急斜面もあり、晴天時には山頂からの眺望抜群。

網張ビジターセンター主催行事の一つ
「(冬山登山体験)雪の鎌倉森をめざす」には、

毎年募集人員の倍以上の申込があるようです。





網張野営場から望む鎌倉森
(標高755m付近)

山頂に続く雪原、右側に雪庇が出来ている
(標高1210m付近)





この日は早朝に登山開始。出発点から山頂まで足跡のない雪面を登る楽しみも・・。

しかし、ワカン装着での登山は、数日前の暖気から一転しての厳寒で、

がっちりと凍った雪面に薄く積もった新雪には大変苦労させられました。

後続の登山者たちはアイゼン装着の方々も目立ちました。

山頂には強い風が吹きつけ、厳しい寒さにさらされましたが、
眺望は抜群。

岩手山から姥倉山、三ツ石山、秋田駒ケ岳から乳頭山、和賀岳方面、早池峰山など。





鎌倉森頂上から岩手山方面

三ツ石山遠望

秋田駒ケ岳方面

早池峰山方面






下山途中で山頂から山スキーで滑降してきた男性と歓談。

みごとな林間滑降を見せてもらいました。スキー達者な人は、本当に羨ましい。

昼頃下山してみると、網張ビジターセンター脇の駐車場は満杯。

この日の鎌倉森登山者は、30名は超えていたと思います。






下山開始時、山頂付近から眺望

林間滑降(標高870m付近)



岩手山TOPへ戻る