令和2年6月8日(月) 情報提供(文、写真) 岡野 治

7合目まで花盛り

好天が続いています。8日は岩手山に行き、山腹で多数咲いている花を見てきました。

馬返しコースを往復しましたが、3合目から7合目間では、林床一面に咲くシラネアオイが見られ、シラネアオイのほか、ツバメオモトやオオバキスミレも多く見られました。

馬返しコースの2.5合目から7合目間は、旧道と新道の2ルートありますが、樹林帯が長い新道の方がシラネアオイの生育範囲も広いです。一方、旧道の45合目間の岩場(石パネ)では、チングルマ、イワカガミが多数咲いています。

チングルマはピークを少し過ぎて、散り始めていますが、ムシトリスミレやイワウメは咲き始めでした。

 
林床に多数咲くシラネアオイ(新道6合目付近)


3合目から下の樹林内では、新緑の中で咲くムラサキヤシオやオオカメノキが楽しめ、6合目から上部では、ミネザクラが満開で、ミネザクラとシラネアオイのコラボも楽しめました。

7合目から上部は、ミヤマキンバイが咲き始めていますが、まだ開花は少ないです。

 予想天気図からは好天を期待しましたが、上空、周囲に雲が多く、展望はあまり得られませんでした。


 
共に満開のミネザクラのとシラネアオイ
 
岩場のチングルマ(旧道4~5合目間)

群生しているチングルマ
 イワカガミ(旧道4合目付近)



新道の7合目手前と8合目上部には、まだ残雪がありますが、傾斜が緩く、雪も固くないので、歩行に支障はありません。

8合目の御成清水は、勢いよく水が出ており、冷たい水が飲めます。

8合目の簡易水洗トイレは凍結でまだ使用できませんが、8合目、9合目の小屋内トイレは使用可能です




 ミヤマキンバイと盛岡市街俯瞰(7合目)
 
7合目付近から山頂お鉢斜面


 お鉢斜面から9合目俯瞰



頻繁に岩手山に登っている人と会ったので、登山者の状況を聞いたところ、5月まではかなり少なかったものの、6月になってからは、例年の7~8割まで復活しており、県外ナンバーの車も見られるようになったとのことです。

岩手山TOPへ戻る